[確定申告]ファンからの金銭的な贈り物 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. ファンからの金銭的な贈り物

ファンからの金銭的な贈り物

作家業をしています。
ファンから数千円程度のamazonギフト券をもらいました。
これは雑所得でよいでしょうか?
それとも個人間贈与ということで、所得税の申告の際に考慮しなくてもよいのでしょうか?

税理士の回答

ファンからの金銭的な贈り物は、贈与税の対象になります。
暦年贈与の基礎控除額は110万円です。
1年間の贈与金額の合計額が110万円以下であれば、贈与税の申告は必要ありません。(贈与税も課税されません)
所得税の確定申告の際には、考慮する必要はありません。

税理士ドットコム退会済み税理士

贈与税は非課税と思います。

8 個人から受ける香典、花輪代、年末年始の贈答、祝物又は見舞いなどのための金品で、社会通念上相当と認められるもの
No.4405 贈与税がかからない場合
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/zoyo/4405.htm

税理士ドットコム退会済み税理士

所得税9条 相続、遺贈又は個人からの贈与により取得するもの

所得税の取扱いについては、贈与により取得するものは、所得税法9条により、非課税となります。贈与税の対象のため。
そして、上記に続きます。

先生方に贈与税と言っていただき安心しました。
110万円には絶対に届きません。
お二方とも素早い回答ありがとうございました。

本投稿は、2018年07月24日 00時05分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
34,129
直近30日 相談数
1,662
直近30日 税理士回答数
2,820