税理士ドットコム - [確定申告]開業届を出さずにネット収入を得ています - 営業(事業)所得で申告する場合にはその申告に基づ...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 開業届を出さずにネット収入を得ています

開業届を出さずにネット収入を得ています

開業届を出さずにネット収入を年間200万ほど得ています。
確定申告では営業所得で申請しておりますがこの場合、所得税や個人事業税の支払いどうなるのでしょうか?
また、営業所得ではなく雑所得として申請した方がいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

税理士の回答

営業(事業)所得で申告する場合にはその申告に基づいて所得税を納付し、その申告の内容で住民税も計算されて市町村から住民税の通知書が送られて来ますのでそれに従って納付します。
営業(事業)所得として申告するか雑所得として申告するかは、申告者の判断に委ねられます。
その収入で生計を立てている場合には事業所得、副業的な場合には雑所得として申告するケースが多いかと思われます。

確定申告を出すと所得税の納付書が届くのでしょうか?

個人事業税はどう払うのでしょう?

所得税の納付書はご自身で税務署で入手する必要がありますが、住民税の納付書(普通徴収)は役所から送られてきます。
所得税の確定申告や住民税の申告をした方は個人の事業税の申告をする必要はありません。それぞれの申告書の「事業税に関する事項」欄に必要事項を記入して頂ければ大丈夫です。そして、8月頃に都道府県税事務所から送付される納税通知書により各納期に事業税は納めることになります。

2017年と2018年分の所得税の納付が出来ていなかったかもしれません。
今からでも支払いに行けますでしょうか?
また、恐らく年間190万程度の所得だったと思うのですが大体どれくらい支払うことになりますでしょうか…

所得税に関しては期限後でも5年間は申告することができます。
所得控除の金額にもよりますが、仮に基礎控除だけとした場合の税金は次のようになります。
・所得税:(190万円-38万円)×5%=7.6万円 (復興特別所得税が若干かかります)
・住民税:(190万円-33万円)×10%=15.7万円

住民税については納付書が届いていたので支払いできております。
所得税を2017年から支払いするためには税務署に行かなければ支払いできないのでしょうか?

税務署への申告がなされていて納税が済んでいない場合には督促状が届くと思いますが、申告書が提出されていない場合には、まずは申告書の提出が必要になります。その上で所定の納付書で納付することになります。

所得税の確定申告は毎年しておりますが督促状は届いておりませんでした。

所得税の確定申告書の「納める税金」がある申告書を提出されていたということでしょうか。
「納まる税金」がゼロや還付であれば納付の必要はありませんが、納付すべき税額があるにも関わらず納付されていない場合には、何らかの連絡があるものと思います。何もないというのも疑問ですね。
普通預金から振替納税になっているということはないでしょうか。

確認したところ26番「課税される所得金額」が記入できておりませんでした。
この場合無申告になってしまうのでしょうか?

そのあとの「納める税額」までの欄は金額の記入はあったのでしょうか。
それとも金額の記入がなかったのでしょうか。
仮に計算が間違っていたとしても申告書が出されていれば無申告にはなりません。

税金の計算の欄全て記入が出来ていませんでした。

そうでしたか。
そうなると、税務署がしっかりと確認せずに税金がゼロと勘違いした(思い込んだ)可能性も考えられますね。
しかし、その記入もれであったことが税務署でいつ気が付くかは分かりません。気付いた場合には修正申告と納税の指摘が行われると思います。
このままそっとしておくのか、自主的に修正申告するかの判断になると思います。

恐らく数万円ですので自主申告しようと思います。
ありがとうございました。
また分からない事があれば質問させていただきます。

本投稿は、2019年11月12日 22時39分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
35,301
直近30日 相談数
1,723
直近30日 税理士回答数
3,003