[生前対策]相続時精算課税について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 生前対策
  4. 相続時精算課税について

相続時精算課税について

孫が、現金100万円と、不動産2000万円分と両方受け取ったときに、
不動産について翌年に相続時精算課税の申告をして、
現金については今年の分なので申告がいらない、という解釈で良いでしょうか?

税理士の回答

現金の贈与が2019年、不動産の贈与が2020年という理解で宜しいでしょうか。
もしそうであれば、お考えの方法で問題ありません。

そうでなく、両方が同じ年に同じ人から贈与された場所には、一つを暦年課税とし、一つを相続時精算課税とすることはできません。両方とも相続時精算課税の対象になります。
なお、相続時精算課税制度の特別控除額は2500万円ありますので、ご相談のケースであれば贈与税の課税はないと考えます。

本投稿は、2019年01月19日 08時45分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 相続時精算課税について。

    お世話になります。宜しくお願いします 争族対策で1200万(築2年)の建物を土地(500万)を82才父から42才娘に生前贈与したいのですが一番良いのは、 ...
    税理士回答数:  4
    2016年05月22日 投稿
  • 相続時精算課税制度の生前贈与で前納していた20%課税額が、実際の相続税額を超過するとき

    相続時精算課税制度の適用に関する顧客支援実務のご経験のある先生に限りお尋ね致します。 相続時精算課税制度を選択して、累積贈与額が限度額を超過した場合、超過...
    税理士回答数:  3
    2018年05月27日 投稿
  • 相続時精算課税について

    「相続時精算課税の選択」と「相続時精算課税選択の特例」の違いについて教えてください。 親からの資金援助を受けて住宅を購入しました。 ・住宅(新築)購入代...
    税理士回答数:  1
    2019年01月06日 投稿
  • 相続時精算課税について

    法定相続人が子供3人、父親の財産合計が4,800万以内の場合 特定の子供へ相続時精算課税制度を利用し、2,500万円 贈与した場合、贈与税もゼロ、父親の相続時も...
    税理士回答数:  2
    2018年05月15日 投稿
  • 相続時精算課税について

    現在、父も母も健在です。 母は定年まで働いていましたが、その時に貯めたお金を、近日中にくれると言っています。 相続時精算課税の手続きを取った場合、相続とは母...
    税理士回答数:  3
    2018年07月19日 投稿

生前対策に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,251
直近30日 相談数
1,139
直近30日 税理士回答数
2,244