[相続税]相続について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続について

相続税

 投稿

相続について

姉 - 子
兄(死亡)配偶者 - 子


兄は死亡し配偶者は健在です。
上記で弟が死んだ場合、遺産は誰にいくら相続されますか?
また、この場合の控除額はいくらでしょうか?

税理士の回答

自分に子がなく両親もいない場合の法定相続人は兄弟姉妹になります。
従って、弟さんの法定相続人は、お姉さんと、お兄さんの権利を引き継いだお兄さんの子の二人になります。
二人の法定割合は各々二分の一ずつで、基礎控除額は4200万円となります。
宜しくお願いします。

兄の子は3人でも
姉(1/2) 子3(1/2) でしょうか?
基礎控除は姉(4200万) 子3人(4200万1人1400万)でしょうか?

お兄さん(故人)の子が3人の場合には、法定相続割合は、お姉さん「1/2」、お兄さんの子「各々1/6ずつ」となります。
また、基礎控除額は、相続人全員で「3000万円+600万円×4人=5400万円」となります。

回答ありがとうございます。    

すみませんあと、死亡した人間が遺言を残している場合は、遺言が優先されるのでしょうか?

はい、遺言がある場合には遺言の内容が優先されます。
なお、財産の一部を特定の人に相続させることを指定した「特定遺贈」の場合には遺言を放棄することができますので、その放棄があった場合には相続人全員での分割協議で決定することになります。

>財産の一部を特定の人に相続させることを指定した「特定遺贈」の場合には遺言を放棄することができます

こちらはどのような内容でしょうか?
特定遺贈とはある特定の方に財産を渡すといった内容ですよね?
それが放棄できるとはどういう事でしょうか?
例えば上記の例で、
「弟が姉に全ての財産を与える」と言う遺言を残した場合どのようになるのでしょうか?

遺贈の放棄とは、遺贈(遺言の通りに財産を受け取ること)を辞退することをいいます。
そして、「特定遺贈」とは遺贈する財産を具体的に指定して行なう遺贈のことをいいます。
特定遺贈の受遺者は、相続人または遺言執行者に対して意思表示することで、いつでも遺贈を放棄することができます(民法986条1項)。
一方、「弟が姉に全ての財産を与える」というように、相続財産の全部又は一定の割合で指定して行なう遺贈は「包括遺贈」になります。
包括遺贈の受遺者は、相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に家庭裁判所に申述する方法により遺贈の放棄を行う必要があります(民法938条、915条)。

これらの「遺贈の放棄」があった場合には、遺言に書かれた内容は無かったことになりますので、相続人全員の遺産分割協議で財産を取得する人が決定されます。

以上、宜しくお願いします。

>家庭裁判所に申述する方法により遺贈の放棄を行う必要があります
上記の部分について
包括遺贈の受遺者が遺贈を放棄する必要があるのは何故ですか?
遺産の受け取りを拒否すると言うことですよね?

また、「財産の全部を姉に与える」と言うのは特定遺贈ではなく包括遺贈なのでしょうか?
一見、財産が特定されていて特定遺贈のように受け取れますが…。

遺贈は遺言者による一方的な行為のため、受遺者にはそれを放棄する権利が与えられています。特に包括遺贈の場合には、プラスの財産もマイナスの負債も区別なしにまとめて相続するため、借金も相続する可能性があり遺贈を受けたくない場合には遺贈の放棄を行う必要があります。
なお、遺贈の放棄は「することができる」規定であり、プラスの財産だけが書かれた特定遺贈であってその財産を欲しい人は放棄をする必要はありません(通常はしません)。

「財産の全部を与える」という遺言は包括遺贈と思われます。


回答ありがとうございました。   

本投稿は、2018年02月13日 22時35分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
17,440
直近30日 相談数
857
直近30日 税理士回答数
1,378

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら