税理士ドットコム - [相続税]役員社宅敷地の小規模宅地の特例について - こんにちは。小泉まりえ税理士事務所の小泉です。...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 役員社宅敷地の小規模宅地の特例について

役員社宅敷地の小規模宅地の特例について

当方の自宅は敷地のが個人所有で、建物は
不動産賃貸業を営む法人の所有です。
いわゆる役員社宅として、当方が住み、家賃を払っています。

この場合、当方の相続が発生した場合、
小規模宅地の特例の適用はどのようになりますでしょうか?

相続人は妻と子供達です。今はまだ一緒に住んでいますが、先々子供達は独立していくでしょうから
恐らく妻が相続する形となるでしょう。

税理士の回答

こんにちは。

小泉まりえ税理士事務所の小泉です。

ご質問いただいたケースですが、
建物の所有が法人のため、
残念ながら、小規模宅地の特例適用は受けられないものと思われます。

本投稿は、2016年09月18日 05時36分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

相続税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
35,516
直近30日 相談数
1,691
直近30日 税理士回答数
2,998