税理士ドットコム - [勘定科目]開業日と実際の開業が違う場合について - 実際がその様な状況であれば、開業費で処理されて...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 開業日と実際の開業が違う場合について

勘定科目

 投稿

開業日と実際の開業が違う場合について

先日、飲食店を開業しました。
開業届を出す際にその日の日付を記入するよう伝えられたので8月末開業と開業届けではなっています。
しかし内装工事の延長などで実際のオープンは9月末になりました。

この場合、8月末から9月末までの準備に必要だった経費は開業費になりますか?
届出上では開業日以降なので、開業費とはならないのでしょうか?
その場合、プレオープンや調理練習用の食材などはどう仕訳したらいいでしょうか。教えてください。

税理士の回答

実際がその様な状況であれば、開業費で処理されても、特に、問題無いと考えます。

本投稿は、2018年12月09日 00時06分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

勘定科目のハウツー記事一覧

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
23,761
直近30日 相談数
1,561
直近30日 税理士回答数
2,340