税理士ドットコム - 外注の給料 日払いと月末一括払いの勘定科目 - 分ける必要はありません、どちらも外注費とされて...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 外注の給料 日払いと月末一括払いの勘定科目

外注の給料 日払いと月末一括払いの勘定科目

外注で人を雇っています
日払いの人と、月ごとに一括でまとめて給料を支払う人がいるのですが
勘定科目は外注費でまとめてしまって良いのでしょうか

税理士の回答

分ける必要はありません、どちらも外注費とされて問題ないです

お世話になります。

ご質問の通り、その外注が、税務上、外注費として認められる外注費であれば、支払い時期に関係なく、外注費として処理されて問題ないと思います。

ただし、税務上、外注費ではなく、人件費として認定されるような外注が含まれるような場合には、それらの外注についても、税務上、外注費として認められる外注費と同様にまとめて外注費勘定で処理されていると、指摘を受ける可能性があるのでご留意ください。

形式上、外注であっても、実態として人件費として認定された場合には、例え、勘定科目として、外注費として処理していても、人件費として税務上扱うよう求められる可能性があり、具体的には、本来の人件費同様、その支払いについては、消費税は、非課税扱い、また、給与の源泉所得税の徴収が必要になる可能性があります。

外注費か、人件費か、の判定にはご留意ください。

参考になれば幸甚です。

本投稿は、2019年08月21日 21時21分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 光熱費を支払ったときの勘定科目について

    お世話になっております。 売掛金の入金後、まとまった金額を生活費として主人の口座へ移動し、そこから水道光熱費や家賃を支払っています。 そのさいの仕訳について...
    税理士回答数:  4
    2018年03月22日 投稿
  • 勘定科目について

    建築業をしています。間違いがあり、やり直しの為に使用した材料費の分の金額が売上金から差し引かれた場合の勘定科目はどのように仕分ければ良いでしょうか?
    税理士回答数:  3
    2018年03月03日 投稿
  • 勘定科目について

    昨年9月に開業した漁業者です。 漁業権を得るために、漁業組合に支払うお金の勘定科目がわかりません。 よろしくお願いします。
    税理士回答数:  1
    2018年01月17日 投稿
  • 家事按分 勘定科目ごとの事業割合

    仕事場を賃貸事務所から自宅マンションに移しました。 昨年までは住宅ローン控除(2年目)100%受けています。 電気代・住宅ローン利息・管理費・固定資産税など...
    税理士回答数:  1
    2018年03月01日 投稿
  • 勘定科目

    勘定科目についてです。 フリーランスで音楽家をしています。 レッスンをしに行く時に、ICカード乗車券を使っています。1日に2件レッスンをしに行っていて、...
    税理士回答数:  4
    2019年06月03日 投稿

勘定科目に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
33,605
直近30日 相談数
1,549
直近30日 税理士回答数
2,663