光熱費を支払ったときの勘定科目について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 光熱費を支払ったときの勘定科目について

勘定科目

 投稿

光熱費を支払ったときの勘定科目について

お世話になっております。
売掛金の入金後、まとまった金額を生活費として主人の口座へ移動し、そこから水道光熱費や家賃を支払っています。
そのさいの仕訳についてご教示いただけないでしょうか。

売掛金が入金された
(借)普通預金 ××銀行 ×××円/(貸)売掛金 ×××円
入金されたお金を生活費として主人の口座へ振り込んだ
(借)事業主貸 ×××円/(貸)普通預金 ××銀行 ×××円
主人の口座から水道光熱費・家賃を支払った
★(借)地代家賃 ×××円/事業主貸 ××××円
   水道光熱費 ××円
地代家賃と水道光熱費は年末に家賃按分され、事業主貸でもどってきます。
(借)事業主貸 ×××円/(貸)地代家賃 ×××円
            /  水道光熱費 ×××円
この仕訳方法はネットで調べたのですが、間違いはないでしょうか。
年末に戻ってくるというのは帳簿上のことで、使っているソフトの「家賃按分」機能を使っています。
経費込みの年収を月単位で確認したいので、都度その機能を使って全体を把握しようと思っているのですが、これでいいのかと不安です。
おおよそのお金の移動はこれがメインとなります。

また、文具や消耗品を購入したときは
(借)消耗品費 ×××円/(貸)事業主貸 ×××円
としていますが、間違いはないでしょうか。
(借)消耗品費 ×××円/(貸)事業主借 ×××円
とする説明もみかけたので戸惑っています。

お忙しとは存じますが、何卒ご回答よろしくお願いします。

税理士の回答

はじめまして
質問者様の回答で間違いはないと思われます。
最後の消耗品は、事業主借とすることが、一般的かと思います。

中野様
はじめましてです。
お忙しいなかご回答いただきありがとうございます。
事業主借で処理をした場合、賃借対照表の合計額が実際の収入と異なる大きな金額になっていくのですがあたっているんでしょうか。

事業主感情的は、あくまでも事業に関係ない資金の移動を表すものですので、実際の収入と異なることは何も問題ないと思います。

中野様
ありがとうございます。
「あくまでも事業に関係のない資金の移動を表すもの」ということは、貸借対照表の資産の部と負債の部の合計額は、あくまでも「お金の出入りを表しているだけ」ということでしょうか。
実際の収入の倍以上の金額になっていて、それぞれの数字が表している内容に戸惑っていました。

一応、現段階の損益通算書や決算書では数字には問題はないようです。
ただ、確定申告では貸借対照表なども提出しますよね?
この数字についてつっこまれたときに理解ができていないため不安になりました。

税務調査の場面で、事業主勘定が多いことをもって突っ込まれることはないと思います。あまり気にしない方がよいと思います。それよりも、売上や原価、経費科目が正しく計上されていることが重要視されますので、そちらをきちんとした処理をしていただければと思います。

中野様
丁寧なお返事ありがとうございます。
個人事業主としてスタートしましたが、不安ばかりで相談できる人もいなくて困ってました。

数字には問題はなさそうですが、やはりお金の流れが必要以上にあるから資産の部や負債の部の合計が多くなってしまうんですね。
手数料節約のために経由する形で利用していましたが、今後は控えようと思います。

こういう場では、あまり直接的な回答ができずにすみません。
その点は、ご容赦いただきたいと思います。
質問者様の事業の繁栄をお祈り申し上げます。

本投稿は、2018年03月22日 11時01分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

勘定科目のハウツー記事一覧

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
23,571
直近30日 相談数
1,458
直近30日 税理士回答数
2,184