税理士ドットコム - [勘定科目]ハンドメイドで使用していた開業前の材料・製品(作品)の仕分け方を教えてください。 - 東京都中央区の税理士法人石川小林 小林拓未と申し...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. ハンドメイドで使用していた開業前の材料・製品(作品)の仕分け方を教えてください。

ハンドメイドで使用していた開業前の材料・製品(作品)の仕分け方を教えてください。

2年ほど前からハンドメイドを趣味でやっていましたが、開業することにしました。そこで、開業する前から使っている材料を仕訳しようと思ったのですが、色々調べてもよく分かりませんでした。

領収書のあるものは開業日の日付で
仕入高30000/事業主借30000  
摘要/事業開始に伴う期首材料在庫を計上

既に出来上がっている作品は開業日の日付で
製品10000/事業主借10000
摘要/事業開始に伴う期首製品在庫を計上

という感じで大丈夫なのでしょうか?

製品の所の金額は作品を売る時の金額ではなく、作品を作るのにかかった材料費の金額(原価?)で大丈夫ですか?

そして、開業日後に専用の口座を作り、資金として自分の貯金から5万円入金したですが、その時の仕訳は

口座を作って入金した日付で
普通預金50000/元入金50000
であっていますでしょうか?

わからないことだらけでモヤモヤしています・・・。

ご回答よろしくお願いしますm(_ _)m

税理士の回答

東京都中央区の税理士法人石川小林 小林拓未と申します。

仕入れ、製品、5万円入金の仕訳は、ご質問の通りで結構です。
また、製品のところは、材料費の金額になります。

仕訳は、慣れですので、処理を進めたり、質問を繰り返すと、そのうちわかるようになります。現状でも、だいぶ理解されていると思われます。

以上よろしくお願い致します。

ありがとうございます!
もう少し勉強して、楽に仕訳出来るように頑張りたいと思います(^-^)

本投稿は、2017年01月20日 13時07分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

勘定科目に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,233
直近30日 相談数
1,210
直近30日 税理士回答数
2,108