バイト掛け持ちの場合の所得税、住民税 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 住民税
  4. バイト掛け持ちの場合の所得税、住民税

住民税

 投稿

バイト掛け持ちの場合の所得税、住民税

アルバイト掛け持ちの場合、所得税、住民税の支払いはいつ、どこにするのですか?

私は学生で親の扶養に入っていますが、今年130万円を超える給与を頂いたので、来年は扶養から外れます。
そうすると、所得税、住民税を支払わなければならないですよね。それが大体いくらになるのかは、計算で分かりましたが、いつ、どこに支払えばいいのでしょうか?

別のサイトに所得税も住民税も、バイト先が引いてくれると書いてありましたが、掛け持ちの場合はどうなるのか教えて頂きたいです。

税理士の回答

所得税は、翌年の3月15日が申告納税の期限です。
現金で納める場合には、納付書で、税務署、郵便局、銀行等で支払います。
住民税は、翌年の6月から特別徴収(勤め先で徴収)、又は、普通徴収(自分で納付)の方法で納付します。

本投稿は、2018年12月06日 21時23分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
19,521
直近30日 相談数
909
直近30日 税理士回答数
1,472