税理士ドットコム - [所得税]未公開株売却の課税対象金額について - 株式譲渡所得=収入金額-必要経費(取得価額+譲...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 所得税
  4. 未公開株売却の課税対象金額について

未公開株売却の課税対象金額について

勤務先の持株会(未上場)から自己株式取得の案内があり、売却を検討しております。
1点の不明点があり、困惑しております。ご教示下さい。
・売却の課税対象金額(数字は仮定)
500円(買取価格)-50円(資本金等の額)=450円
450円×100株(売却株数)=45000円→これが課税対象金額でしょうか。

それとも、
450円-250円(簿価単価)×100株(売却株数)=20000円
が、課税対象金額でしょうか。

所得税率が増えても節税できるアドバイスもありましたら、ご教示下さい。

税理士の回答

野田一郎

株式譲渡所得=収入金額-必要経費(取得価額+譲渡費用)となります。したがって、20,000円が課税対象となります。給与所得者で他の所得が20万以下であれば、申告義務はありません。例えば、医療費控除をうける為に申告する時には、上記の株式譲渡所得も合わせて申告する必要があります。ただ、確定申告をしない場合でも、住民税は申告する必要があります。

早々にご検討ありがとうございます。
売却単価について事務局のアナウンスを記述が漏れておりましたので、先生のご指南を含めた
解釈に誤りがないかご教示いただければと思います。
・会社は持株会から500円/株で自己株式を買い取る
・持株会事務局は500円/株から資本金等の額50/株を差し引いた分を”みなし配当所得”し、500円/株から20.42%を源泉徴収すると通達があった。
・簿価単価は250円
■確定申告書に記載する譲渡による収入金額=(売却単価-資本金等の額)-簿価単価×売却数
こちらで問題ないでしょうか。
御教示のほど、よろしくお願い致します。



記述に誤りがございました。訂正いたします。
(誤)
・持株会事務局は500円/株から資本金等の額50/株を差し引いた分を”みなし配当所得”し、500円/株から20.42%を源泉徴収すると通達があった。

(正)
・持株会事務局は500円/株から資本金等の額50円/株を差し引いた分を”みなし配当所得”し、450円/株から20.42%を源泉徴収すると通達があった。

野田一郎

持株会へ売却するのであれば、先の回答のとうりですが、発行法人に買い取ってもらうのであれば、みなし配当となり持株会事務局の説明のとおり交付金銭から資本金等の額を差し引いた450円に対して源泉徴収されることとなります。したがって、450×100=45,000円の配当所得があることとなります。年間10万以下の少額配当になりますので、確定申告不要です。この場合でも、別途住民税の申告は必要となります。

本投稿は、2017年10月26日 23時52分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

所得税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,642
直近30日 相談数
1,207
直近30日 税理士回答数
2,459