[法人税]過少申告加算税について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 法人税
  4. 過少申告加算税について

過少申告加算税について

昨年度税務調査があり、過少申告加算税を未払計上しました。
加算税は法人税と消費税分で仕訳としては

法人税(加算金)1000/未払法人税 500
/未払消費税 500

としています。


別表5(2)付表では加算税及び加算金の欄の当期発生額に1000を記入し、実際にはまだ払っていないので、同額が期末現在未納税額にそのまま金額が残ると思います。

別表4付表には加算欄に「損金経理した付帯税の負担額」の欄と「損金経理をした附帯税、加算金、延滞金及び過怠税」の欄がありますが、未払計上のまままでまだ払っていないものは「損金経理した付帯税の負担額」の欄に記入すればよいのでしょうか?
この2つの欄の区別がわかりません。


別表5(2)付表の納税充当金の計算の欄の「損金経理をした納税充当金」に記載して、そのまま別表4付表の「損金経理をした納税充当金」に転記されてOKと思っていたのですが、加算金1000のうち500は消費税なので、期末納税充当金が合わなくなってしまい間違いに気付いたのですが、最終的にどうすればよいのかがよくわかりません。

宜しくお願い致します。

税理士の回答

別表4付表には加算欄に「損金経理した付帯税の負担額」の欄と「損金経理をした附帯税、加算金、延滞金及び過怠税」の欄がありますが、未払計上のまままでまだ払っていないものは「損金経理した付帯税の負担額」の欄に記入すればよいのでしょうか?


加算税を未払金計上した場合には、別表四においては、「損金経理した付帯税、加算金、延滞金及び過怠金」の欄で加算処理することになります。
簡易様式ですと別表四の「6」の欄になります。
宜しくお願いします。

ありがとうございました。大変助かりました。

本投稿は、2015年05月17日 18時13分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 過少申告加算税の別表上の扱いについて

    H27.3期に税務調査があり何点か指摘されました。 過少申告加算税についてお聞きしたいのですが、 H27.3期は会計処理で 過少申告加算税/未払法人税 の仕...
    税理士回答数:  2
    2016年05月15日 投稿
  • 延滞税

    相続で税務調査が入り、相続財産に入れなかった私名義の名義預金の件でもめています。おそらく過少申告加算税と延滞税がとられることになるのだと思いますが、税務調査から...
    税理士回答数:  1
    2015年10月30日 投稿
  • 無申告加算税の金額について

    確定申告の無申告加算税の金額の算出について教えてください。 予定納税で15万程の納税を事前にしていました。 諸事情により、確定申告を期限後に行い税額が確定し...
    税理士回答数:  1
    2015年09月18日 投稿
  • 横浜みどり税の経理処理、決算処理について

    横浜市に本社がある法人です。 以下の質問にご回答頂けましたら大変助かります(赤字決算という前提でお願いいたします)。 1. 横浜みどり税を納めなければな...
    税理士回答数:  1
    2015年11月03日 投稿
  • 未払役員報酬の源泉所得税について

    私は、社長と役員である私だけの立ち上げたばかりの会社の経理を担当している者です。 現在、資金繰りの関係で役員の報酬がしばらく未払の状況です。 源泉所得税は実...
    税理士回答数:  1
    2016年06月27日 投稿

法人税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,214
直近30日 相談数
1,023
直近30日 税理士回答数
1,919