税理士ドットコム - [決算申告]過少申告加算税の別表上の扱いについて - 加算税は、損金不算入かつ社外流出ですので、納税...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 決算申告
  4. 過少申告加算税の別表上の扱いについて

過少申告加算税の別表上の扱いについて

H27.3期に税務調査があり何点か指摘されました。
過少申告加算税についてお聞きしたいのですが、
H27.3期は会計処理で 過少申告加算税/未払法人税 の仕訳を
計上し、別表では損金不算入なので加算(損金算入の納税充当金の欄で)しました。

今H28.3期の別表を作成しているのですが、H28.3期に
未払法人税/現金 の仕訳を計上しました。
この部分は、損金算入の納税充当金のマイナスの加算=減算 ということで
よいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。




税理士の回答

加算税は、損金不算入かつ社外流出ですので、納税充当金のマイナス(減算・留保)を行うとともに、付帯税の加算(加算・社外流出)を行う必要があります。

ありがとうございました。大変助かりました。

お返事ありがとうございます。
またのご質問をお待ちしております。

本投稿は、2016年05月15日 10時12分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

決算申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,793
直近30日 相談数
1,085
直近30日 税理士回答数
2,143