税理士ドットコム - 土地の固定資産税の納付書は、所有権に基づいて分割可能でしょうか? - 一筆単位の課税となるため、分筆されれば、それぞ...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 固定資産税
  4. 土地の固定資産税の納付書は、所有権に基づいて分割可能でしょうか?

土地の固定資産税の納付書は、所有権に基づいて分割可能でしょうか?

一筆の土地の固定資産税を毎年納税しています。
他の相続人の登記拒否で、一筆の土地のうち、自分の単独所有が決まった一部の土地の登記ができていません。
そのため、一筆の土地として、全額の納税を行ってきました。
その他の土地には権利がありません。
納付書の分割を役所にお願いしたいと思いますが、原則はできない様子です。
税法上、納付書の分割は禁止されているのでしょうか?
よろしくお願いします。

税理士の回答

税理士ドットコム退会済み税理士

一筆単位の課税となるため、分筆されれば、それぞれ毎の納付は可能です。ただ、分筆のための測量代、登記費用が掛かりますので、通常、第三者に売却といった必要不可避の場合でないと、コストを考えると、仕方ないとしてこれまで通り、とされるのも一案かと存じます。

回答いただき、ありがとうございます。
助かります。
分筆できない状況がある場合などに、納付書を分割する手段はあるでしょうか?
やはり地方税法上、不可能なのでしょうか?

税理士ドットコム退会済み税理士

筆毎と思われますが、地域ごとに取り扱いに違いがあるかないか、回答するには任が重く、所在地の都税、県税事務所等にお聞きされるのが確実かと存じます。

・ご相談者様のご希望は、『登記上被相続人の名義のままになっている一筆の土地の固定資産税を、遺産分割でご相談者様が相続すると決まって部分の割合だけ支払いたい。ついては、その分だけの納付書を発行してほしい。』ですね。

回答)
それは不可能と思われます。
ご相談者様の相続が決まった部分だけ分筆してください。

分筆が不可能な事情があるからと言って、一筆の土地の一部分だけ切り取って課税することはありえません。

固定資産税は、毎年一月一日の所有権者が納税義務者です。納税義務者が死亡している場合で、相続の放棄がなければ、相続人が共同で納税義務を負っています。共同で納税義務を負っている税金について、その一人が、分筆も登記もしないまま、私の分だけ分けてくださいと言っても、何の公的証明もなく、それは通りません。

ご相談者様が支払うべきでない固定資産税は、他の相続人に請求し、それで負担していただけないのであれば、裁判なりで争うか、ご相談者様の固定資産税のご負担を加味したところで遺産分割をしていただくしかありません。

ありがとうございます。
参考にして、問題解決を行います。

ご質問の固定資産税は、未分割のため代表相続人に納付書が送られていると思いますので、市町村にご確認ください。納付書の分割ではなく、法的に誰が納税義務者であるかを確認してみてください。
当然に、実態として土地が共有とすれば、他の相続人に請求する権利はあると思います。

ありがとうございます。参考になります。
高齢になり、月数万円しか収入がなくなりました。
登記もうまく進まず、それでも他の相続人の土地の固定資産税も全額納税するように言われ、路頭に迷っていました。
様々な回答を頂けたので、本当に感謝しております。

本投稿は、2018年06月02日 18時55分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

固定資産税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,267
直近30日 相談数
1,198
直近30日 税理士回答数
2,096