税理士ドットコム - [固定資産税]土地の賃借権(無償返還の届け出を提出)の場合の地代 - 通常、固定資産税は、都市計画税も含むと思います...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 固定資産税
  4. 土地の賃借権(無償返還の届け出を提出)の場合の地代

土地の賃借権(無償返還の届け出を提出)の場合の地代

表記の場合における地代は、固定資産税の3倍が一般的かと思いますが、この固定資産税は、文字通り、固定資産税「のみ」を指しているのでしょうか。

つまり、固定資産税といった場合に、言外に都市計画税を含む意味で使われるケースがあるような気がしていますが、表記の場合には、固定資産税「のみ」を指していると考えるのが一般的なのでしょうか。

税理士の回答

通常、固定資産税は、都市計画税も含むと思います。
固定資産税の3倍が、相当の地代と認められるかについては、認められないリスクがあり、一般的ではないと思います。

こんにちは。

土地が個人、建物が法人という前提でよろしいでしょうか?

この場合、仰るとおり固定資産税相当額の3倍程度の地代の授受があれば「賃貸借」と認められますが、固定資産税相当額には「固定資産税」だけでなく「都市計画税」も含めて考えます。

一般的には2倍未満だと「賃貸借」ではなく「使用貸借」とみなされてしまう可能性があり、その場合には土地所有者の相続の際、土地の相続税評価額の2割減が受けられません。

本投稿は、2018年06月20日 00時36分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

固定資産税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,595
直近30日 相談数
1,260
直近30日 税理士回答数
2,323