固定資産税の租税公課について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 固定資産税
  4. 固定資産税の租税公課について

固定資産税の租税公課について

親から引き継いだ賃貸用の土地と建物があります。
一部を住居にしている為、77%を事業用として経費に計上しています。
建物の固定資産税は77%を租税公課として計上していますが、
土地の固定遺産税も77%を租税公課として計上するのか、
それとも土地は100%計上可能でしょうか?

税理士の回答

建物についての事業分が77%であれば、その敷地である土地についても77%を租税公課として計上することになると思います。

回答ありがとうございました。  

本投稿は、2020年02月02日 14時55分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

固定資産税に関する相談一覧

分野

固定資産税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
85,400
直近30日 相談数
1,317
直近30日 税理士回答数
2,255