税理士ドットコム - 仮想通貨利益で103万を超えると扶養から外れるのですか? - パート等の給料は「給与所得」、青色申告の営業の...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 仮想通貨
  4. 仮想通貨利益で103万を超えると扶養から外れるのですか?

仮想通貨利益で103万を超えると扶養から外れるのですか?

質問させてください。

夫の扶養に入ってり、103万以下のお給料頂き、時々営業利益もあり、現在青色申告をしています。昨年は仮想通貨の利益が103万を超えましたが、一昨年よりある営業赤字により、繰り越しの赤字と経費を合わせE-taxで計算したところ、還付もいただける金額となりました。

ただ雑所得が103万超えると、来年は扶養をはずされるのか?
住民税等を払わないといけないのかが心配です。

どのようになるのか教えていただけると嬉しいです。
宜しくお願いしたします♪

税理士の回答

パート等の給料は「給与所得」、青色申告の営業の利益は「事業所得」、仮想通貨の利益は「雑所得」となります。
そして、給与所得・事業所得・雑所得のそれぞれの所得金額を合計したものが「合計所得金額」となり、この合計所得金額が38万円を超えた場合には扶養親族(控除対象配偶者)から外れることになります。
なお、給与所得の金額は「給与収入-給与所得控除額(最低65万円)」で計算します。

従って、仮想通貨の利益(雑所得)が103万円あり、他の所得がない場合には、合計所得金額は38万円を超えますので扶養には該当しません。
一方、仮想通貨の利益(雑所得)が103万円あっても、事業所得で65万円以上の損失がある場合には、通算後の合計所得金額が38万円以下になりますので、扶養に該当することになります。

以上、ご参考になれば幸いです。

本投稿は、2018年03月11日 22時58分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

仮想通貨に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,673
直近30日 相談数
1,060
直近30日 税理士回答数
2,127