税理士ドットコム - [税金・お金]103万円、106万円、130万円の壁について - 103万円の壁は、配偶者控除の壁です。旦那様が配偶...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 103万円、106万円、130万円の壁について

103万円、106万円、130万円の壁について

これからパートで働こうとしている主婦です。
その際によく聞く、103万円、106万円、130万円の壁の違いがよくわからないので、教えてください。

税理士の回答

103万円の壁は、配偶者控除の壁です。旦那様が配偶者控除を受けられるラインが奥様のパート収入103万円になります(103万円の根拠=給与所得控除額最低額65万円+基礎控除額38万円 )。
130万円の壁は、「社会保険の壁」ともいわれ、パート収入が年130万円を超えると、夫の扶養を外れて、公的年金や健康保険など、社会保険を支払わなければならなくなります。世間で認識の「主人の扶養から外れたくない」はこのケースがほとんどです。
106万円の壁は、昨年10月から始まった新しい社会保険の壁です。501人以上の大企業で1年以上働いているパートタイムマーは、年収130万円ではなく、年収106万円を超えると、社会保険を払わなければならなくなります。

本投稿は、2017年01月26日 09時37分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

税金・お金に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,326
直近30日 相談数
1,120
直近30日 税理士回答数
2,196