相続税の節税方法(110万円贈与にて) - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続税の節税方法(110万円贈与にて)

相続税

 投稿

相続税の節税方法(110万円贈与にて)

父は他界し、家族は、認知症の母親と兄弟2人です。母親の財産を兄弟2人で相続することになると思います。相続財産は、現金5000万円のみと仮定すると、基礎控除は、3000万円+600万円×2=4200万円であり、差額の800万円に対し、相続税が発生すると思っています。そこで、年110万円までであれば贈与税がかからないことを利用して節税をしたいと思います。
1.相続開始前3年以内に贈与された財産は相続税の対象になるのでしょうか?
2.仮に5年間兄弟2人に、各々年110万円を贈与された場合、3年間を除外し   て、110万円×2人×2年間=440万円の贈与は無税であり、800万円ー   440万円=360万円に相続税がかかると理解してOKでしょうか?
3.兄弟の各々の妻2人を加えた計4人に110万円を5年間贈与するなら、3年間  を除外して、2年間の贈与額は880万円になり、800万円を超えるため、相  続税はゼロになると理解してOKでしょうか?(贈与税もゼロ、相続税もゼロ)
4.他に注意事項があれば、教示ください。

税理士の回答

ひとつの方法として
お母様を被保険者として終身生命保険一括払いで加入するのはいかがですか
ご兄弟それぞれが500万円ずつ受取る形を取るのです
一括払いで加入すれば現金が1000万円低度減少します
相続による保険金お受け取りは法定相続人一人当たり500万円の控除があります
お母様の遺産は 現金 4000万円が課税対象になります
保険代理店に相談されることですね

誤字がありました・・・

ひとつの方法として
お母様を被保険者として終身生命保険一括払いで加入するのはいかがですか
ご兄弟それぞれが500万円ずつ受取る形を取るのです
一括払いで加入すれば現金が1000万円程度減少します
相続による保険金お受け取りは法定相続人一人当たり500万円の控除があります
お母様の遺産は 現金 4000万円が課税対象になります
保険代理店に相談されることですね

早速の回答ありがとうございます。本件、承知しています。父親のときは、終身生命保険一括払いに加入しており、良かったのですが、今回、保険会社に相談したところ、母親は87歳であり、85歳以上(?)は入れなくなったとのことでした。父親のときと基準が変わったとのことです。お手数ですが、当初の私の質問に回答をいただけると助かります。

1. 相続で財産を取得した人に関しては、3年以内の贈与財産は相続財産に加算されます。相続で財産を取得しない人に関してはこの規定は適用されませんので、例えば、法定相続人でない子お二人のそれぞれの配偶者や孫へ贈与した場合には、その贈与分は相続財産に加算されることはありません。
2. 5年間2人に110万円ずつ贈与しますと110万×2人×5年=1100万円になります。このうち3年以内の分(110万×2人×3年=660万円)が相続財産に加算されることになります。
3. ご兄弟の各々の奥さんは前述の通り3年以内の加算の対象となりませんので、奥さん2人に贈与した分は一切相続財産には戻されません。従って、相続税はゼロになることが考えられます。
4. 贈与は「贈与者の意思表示」と「受贈者の受諾」の両方が必要です。お母様が認知症とのことですが、お母様に贈与する意思はおありでしょうか。お母様にその意思がおありであれば、後々それを証明するうえでも贈与契約書を作成しておかれた方が良いと思います。
以上、宜しくお願いします。

早速の回答ありがとうございます。
1.了解しました。
2.5000万円ー1100万円=3900万円 3900万円+660万円=4560万円となり、  基礎控除額4200万円との差額360万円に対し、相続税がかかると理解してOKですか?
  贈与税はどうなりますか?
3.奥方2名に贈与した分は、相続財産に戻されないので、相続税はゼロになるとのことですが、贈与  税がかかると思います。従って、相続税ゼロ、贈与税ゼロにする方法はありませんか?
4.混乱していますが、結局ベストな方法は?

3項は、私の理解に誤りがあったように思います。奥方に贈与した分は、年110万円であれば贈与税ゼロであり、相続税もゼロですので、奥方2人に年110万円ずつ贈与をしていけば、4年で880万円になり、ベストな選択になると理解しました(880万円>相続財産5000万円ー基礎控除4200万円=800万円)。但し、贈与契約書を作成しておくのが良い。念のため、正しい理解か、ご確認をお願いいたします。

ご連絡ありがとうございます。
2.御兄弟二人だけへの贈与の場合にはそのようになります。
3.追加の文面の通りです。年間110万円以下であれば贈与税はかかりません。そして、上記の贈与が有効に成立すれば相続税もゼロになることが考えられます。
贈与契約書は作成した方が良いです。
以上、宜しくお願いします

良く理解できました。お忙しい中、ご回答ありがとうございました。

本投稿は、2016年09月01日 15時18分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
20,902
直近30日 相談数
1,154
直近30日 税理士回答数
1,944