期末の節税で否認されない範囲とは - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 期末の節税で否認されない範囲とは

節税

 投稿

期末の節税で否認されない範囲とは

期末に予想外の売上が発生し、
今期1年利用した分の切手の購入を考えています。(25万ほど)

税務調査で否認されますでしょうか。
その他にも備品の購入等で100万ほど経費にする予定です。

税理士の回答

毎期継続して少額の切手を購入し費用処理している分には経費計上で問題ないと思いますが、25万という金額は大きく、税務調査が入った場合は税務上費用として認められないと思いますので、貯蔵品として資産計上したほうが良いと思います。
また備品の購入ですが、買った備品を使用しているのであれば経費計上は問題ございません。一定の金額を超える場合は、固定資産計上になりますので、購入した備品の1つあたりの金額が30万円(もしくは10万円)を超えるものがないか確認しましょう。
どうぞよろしくお願いいたします。

本投稿は、2018年03月13日 17時08分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
19,489
直近30日 相談数
923
直近30日 税理士回答数
1,491