[節税]多額の報酬を受け取る場合 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 多額の報酬を受け取る場合

節税

 投稿

多額の報酬を受け取る場合

私はフリーランスでイラストレーターをしています。
私の作品群をまとめてサイトに掲載しユーザーに無償でダウンロードさせて楽しんで貰う企画があり、クライアント企業から著作物に対しての報酬を受け取る事になりました。
金額は3200万円です。
正直このような大きな金額を一度にもらうのが初めてで複数年に渡り使用されることもあり、支払い方法は一括、分割、こちらで決めて良いと言われました。
一括でもらうとやはり分割で貰うより税金を多額に取られてしまうのでしょうか?
人生に一度あるか無いかの話なのでより節税効果の高い受け取り方法が良い考えています。

ご回答よろしくお願いします。

税理士の回答

おおよその概算ですが、一括の場合の所得税・住民税の税率は50%弱、仮に10年の分割の場合の税率は毎年15%弱となります。
当然ですが、社会保険料にも影響します。

クライアント企業との契約内容を確認する必要はありますが、ご相談の報酬は「変動所得」に該当する可能性があります。
変動所得に該当する場合には「平均課税」という方法で税金の計算を行うことができます。詳しくは下記サイトをご参照ください。
https://www.zeiri4.com/c_5/h_62/
https://www.keisan.nta.go.jp/survey/publish/46292/faq/46327/index.php
平均課税の方法で計算しますとかなり税額が圧縮されますので、一度、関係書類を揃えて専門家にご相談されるのが宜しいと思います。

税理士ドットコム退会済み税理士

契約内容によりますが、受取方式が一時でも、分割でも、全額、契約された日で事業所得になる場合もあります。確定額であれば。
契約内容によって、例えば、数年にわたって実際のダウンロード数に応じて、○件~○件の範囲であれば、今年分は△円。

といった決め方をすれば複数年にわたって、事業所得として計上することも出来るでしょう。

察するに、クライアント企業においては、ダウンロード数の傾向から、多くの利益を見込めるため、こちらの依頼に柔軟に対応して頂ける環境なのかと思われます。

であれば、知人の税理士の方等に相談し、契約内容等、税負担が過度なものにならないように実態を踏まえ、合理的な内容の契約を締結することも一案かと存じます。

本投稿は、2018年05月17日 00時51分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
17,611
直近30日 相談数
810
直近30日 税理士回答数
1,323

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら