節税のやり方について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 節税のやり方について

節税

 投稿

節税のやり方について

これから3年間マイホーム購入の為所得を平均300万はないといけないとのことのことです。(収入は平均毎年420万程度です。)そのため確定申告ではできるだけ所得を300万ぐらいに近づけたいと思ってはいます。その場合は節税はできない、またはしてはいけないのでしょうか。しかし税金が高くなるのは辛いので、所得を平均300万で申告ができて節税ができる方法があればアドバイスください。

税理士の回答

所得金額を維持しながら節税を図る方法としては、ふるさと納税が考えられます。ただし、年収が420万円位ですと節税効果がでる寄付金額は5万円前後かと思われます。

ふるさと納税は出費をするが特産物が得られる、ふるさと納税として控除があるといった点で節税になるという事でしょうか。出費をせずに節税できる方法は何もないですか?約300万の所得だと年間、所得税16万程度、住民税27万程度納税しないといけません。頑張るしかないですか?

ふるさと納税は、一旦、寄付金として現金の支出が伴いますが、所得税と住民税で、「寄付金の額-2000円」に相当する金額が減税されます。(つまり、実質負担は2000円になるものです。)
出費をせずに所得税等を節税できる方法は、扶養控除や配偶者控除といった人的控除を適用する方法になります。それ以外は出費を伴う方法になると考えます。

では我が家では子供はみな小学生なので扶養親族はいないので、控除は配偶者控除だけとゆうことですね。それ以外に節税するところがないとの事ですね。税金払いに努めるしかないですね。。。

実家のご両親に仕送りをして扶養しているような場合には、ご両親が扶養親族となる可能性もありますが、そうでない場合には難しいですね。
所得が増えれば税金も上がる仕組みになっています。しかし、増えた分がすべて税金で消えるわけではありませんので、その辺りは割り切っていただくことが必要かと考えます。
宜しくお願いします。

もう少しお伺いしてもよろしいでしょうか。。。
扶養親族を取る場合、仕送りをしている履歴を残す必要があるかと思うのですが、通帳のコピーなどを添付しての確定申告になるのでしょうか?

母親は定年退職し父親だけが年金を受給しながら働いています。給与は去年の所得としては100万、年金は140万とのことです。その場合は扶養控除対象外になりますか?

確定申告書に通帳のコピー等を添付する必要はありません。ただし、後日税務署から扶養に関する調査があった場合には、仕送りをしている事実を通帳等で証明することが必要になります。

扶養親族の要件に「合計所得金額が38万円以下であること」がありますので、お父様は扶養親族には該当しないと思われます。お母様に関しては合計所得金額が38万円以下で、なおかつ、相談者様からの仕送りで生活が成り立っている状況であれば、扶養親族に該当する可能性があります。
この場合の仕送りの金額については明確な基準はありませんが、お小遣い程度の金額ではなく、生活費として欠かせない金額を送金しているという事実が必要と考えます。
以上、宜しくお願いします。

わかりました。非常にありがたいアイディアをいただきました。今後とも宜しくお願いします。

本投稿は、2018年05月17日 18時46分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
17,502
直近30日 相談数
855
直近30日 税理士回答数
1,370

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら