相続税の節税方法(110万円贈与にて) - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続税の節税方法(110万円贈与にて)

相続税の節税方法(110万円贈与にて)

母親の財産(現金のみ5000万円)を息子2名で相続すると基礎控除は、3000万円+600万円×2名=4200万円になり、800万円に対し相続税80万円になると思います。
今後、収入と支出がプラスマイナスゼロと仮定し、相続財産に増減がない前提で、以下の考え方(案1、案2)が正しいか確認をお願いします。
<案1>
毎年兄弟2名に110万円を贈与する。年間110万円の贈与は無税であるが、3年以内の贈与財産は相続財産に加算されるので、3年以内に母親が亡くなった場合は、節税効果なし。仮に5年で亡くなったと仮定すると、110万円×2名×5年=1100万円が贈与になる。このうち、3年分の660万円が相続残さんに加算されるので、相続財産は5000万円ー1100万円+660万円=4560万円となり、基礎控除4200万円との差額360万円に対し相続税がかかる。相続税は36万円に減額減少するが、毎年定額の110万円を贈与すると、「もともと多額の贈与をするつもりであった」と解釈される可能性があり、贈与契約書を準備する必要がある。
<案2>
当初の1年のみ兄弟2名とその奥方2名の計4名に110万円ずつ計440万円を贈与する。1年のみの贈与であれば、定期贈与にも非該当である。
①4年以上長生きすると仮定すると、440万円が相続財産から除外され、5000万円ー440万円ー4200万円=360万円となり、相続税は、36万円に減少する。
②1~3年で亡くなったと仮定すると、奥方2名は相続対象外であり、贈与税もかからないため、兄弟2名の220万円のみが相続財産に加算される。5000万円ー220万円ー4200万円=580万円となり、相続税は、58万円に減少する。

税理士の回答

案1、案2、ともに考え方は正しいと思います。
もし、ご兄弟の子供さん(お母様の孫)がいらっしゃれば、その子供さんへの贈与も3年以内の加算の対象にはなりませんので効果的です。なお、子供さんが未成年の場合には、親権者の同意のある贈与契約書を作成する必要があります。
以上、ご参考になれば幸いです。

早速の回答いただきありがとうございました。簡単に、少しでも節税することを考えたいと思います。

本投稿は、2016年09月09日 14時23分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

相続税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,673
直近30日 相談数
1,075
直近30日 税理士回答数
2,149