税理士ドットコム - [相続財産]6人の共有名義の土地を5人が放棄し、1人の名義にする場合、相続税(贈与税?)はいかほど? - 5人の方がご健在の場合には、受け取る方には贈与税...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続財産
  4. 6人の共有名義の土地を5人が放棄し、1人の名義にする場合、相続税(贈与税?)はいかほど?

6人の共有名義の土地を5人が放棄し、1人の名義にする場合、相続税(贈与税?)はいかほど?

固定課税標準額が、10,968,392円で、6人の共有名義の土地があります。これを、5人の名義人が放棄し、1人の名義人にすることとしました。この場合、相続税(贈与税?)は、いかほどかかりますか。ただ、多額の税がかかれば、支払いに困る状況です。何か、税を低減する方途があれば教えて頂きたく存じます。

税理士の回答

5人の方がご健在の場合には、受け取る方には贈与税がかかります。
贈与税の課税標準額(税金の対象額)は、土地の場合には固定資産税評価額ではなく「相続税評価額」になります。
ご相談の土地が「宅地」と仮定しますと、相続税評価額は通常、固定資産税評価額の1.1倍~1.2倍が目安となります。
仮に1.2倍としますと1096万円×1.2=1300万円程になります。

5人の方の持分(6分の5)を一時に名義変更しますと、1300万円×5/6=1083万円となり、贈与税は264万円程になります。
さらに、土地の名義変更をしますと、上記の贈与税以外に、登記費用と不動産取得税が別途かかりますのでご注意ください。

贈与税を少なくする方法としては、5人から一度に贈与して頂くのではなく、数年に分けて贈与して頂くことが考えられます。贈与の時期を分散することで、贈与税の基礎控除が毎年使え、さらに税率も低減しますので、贈与税額は大きく下がります。
ご検討ください。

本投稿は、2015年03月03日 16時52分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

相続財産に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,416
直近30日 相談数
1,244
直近30日 税理士回答数
2,243