税理士ドットコム - 節税のため、共有不動産を夫婦間贈与を利用して一部を贈与する場合の必要書類の雛形を探しています - 10分の9の内、9分の4で、不動産全体を記載す...
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 節税のため、共有不動産を夫婦間贈与を利用して一部を贈与する場合の必要書類の雛形を探しています

節税のため、共有不動産を夫婦間贈与を利用して一部を贈与する場合の必要書類の雛形を探しています

鎌倉在住、76歳、共有不動産(土地9:1)を夫婦間贈与(結婚して43年、現在はこの不動産で生活しています)で5:5にして、将来の遺産相続で節税できればと思っています。尚、居宅は現在5:5ですので贈与は考えていませんが、今回の処理で贈与税の問題等で必要になるようでしたら、100分の1の贈与も考えています。時間は十分ありますので、自分で全ての処理を行いたく、ネットで必要書類の雛形情報を探しています、不動産の全部を贈与する雛形は見つかり一応作成してみましたが、共有不動産の一部贈与を行うための必要書類の雛形が見つかりません。要は4/9の贈与を行うとする場合、贈与契約書の例として、「甲はその所有する下記記載の不動産の持分壱〇分の九のうち九分の四を乙に贈与し、乙はこれを受諾した。」として、すぐ、下に不動産の全容を記述するのか、 はたまた、贈与する面積を直接記述するのかが知りたいのです。後、居宅も贈与した方が良いのかどうかもご教授いただければ幸いです。居宅贈与の比率が土地の贈与比率と異なるので、どのように記述すれば良いのかもご教授願います。

税理士の回答

10分の9の内、9分の4で、不動産全体を記載することでよいと考えます。
建物はなくても大丈夫です。

本投稿は、2019年03月24日 19時52分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,157
直近30日 相談数
1,170
直近30日 税理士回答数
2,318