[節税]会社員の副業として起業すること - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 会社員の副業として起業すること

会社員の副業として起業すること

会社員をしながら、新築マンションを購入し、家賃収入を得たいと思っています。

その際、個人で収入を得るよりも、法人を設立して収入を得る方が、節税になると思います。

会社にバレずに、法人を作り、マンションを購入し、家賃収入を得ることは可能でしょうか?
その場合、確定申告など気をつければ良いのでしょうか?
考えられる具体的な対策を教えて頂けますと幸いです。

税理士の回答

法人取得で節税になるかどうかは、貴殿のその他の収入などの状況にもよるので、一概にはいえなと思いますが、個人取得にて、不動産所得を申告されれば、確定申告されることで、会社が、市役所等に報告した所得が増減し、会社への住民税の特別徴収額が、会社申告額から増減した形で毎年通知が来続ければ、確かに、副業をしていないか等の疑問を持たれる可能性はあると思います。

会社設立をすると、登記簿ができるますが、登記事項については、誰でも入手できるので、それを見られれば、登記事項は、ばれる可能性はあります。

しかし、そもそも、会社が、貴殿が設立された新設の小さな法人登記を確認するか、というのはわかりませんが、その可能性は、一般的に、低いのではないでしょうか。

また、登記事項は、会社住所と、役員名とその住所等だけですので、仮に、登記簿を見られて、貴殿が、役員に就任していたとすれば、ばれる可能性はあります。

そのため、役員をご親族にするケースが多いと思います。

ただし、会社法上、役員になる、ということは、その会社に何か不測のことが生じれば、役員としての管理責任は、生じますので、それを受け入れるかどうか、という点は、留意が必要かと思います。

貴殿自身が、仮に、役員になられたとしても、会社から役員として報酬を個人としてもらわなければ、個人としての、所得税の確定申告義務は生じないので、会社にばれる可能性は低くなると思います。

親族に役員になってもらい、会社において、親族の会社として、事業をしてもらう、というのがスタンダードな方法だと思います。

本投稿は、2020年01月09日 19時12分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
39,265
直近30日 相談数
1,818
直近30日 税理士回答数
2,886