税理士ドットコム - 別居の後期高齢者の親を専従者にできますか。節税効果の高い方法は? - 回答します。専従者は、生計を一にする親族である...
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 別居の後期高齢者の親を専従者にできますか。節税効果の高い方法は?

別居の後期高齢者の親を専従者にできますか。節税効果の高い方法は?

私は個人事業主です。
父親が他界し、実家を相続します。
実家には母親が継続して居住します。
私とは別居です。

存続した実家を事業所として扱い、後期高齢者である母親を専従者としたいと考えています。節税目的です。

質問1 そもそも上記のように実家を事業所にして母を専従者扱いできますか。

質問2 可能な場合、年収と専従者給与の合計がいくらであれば節税効果が高いですか。
    母親の医療費負担が1割で済むようにしたいです。

回答よろしくおねがいします。

税理士の回答

回答します。
専従者は、生計を一にする親族である必要があります。そして、どのような仕事を行っているのか、それに見合う給与かがポイントです。
給与額も同様な仕事を第三者に頼んだ場合、いくら払うかが基準になり、恣意的なものは調査で否認されます。
なお、生計が別なら雇人と同様に給与は払えますが、今、お母様が住民税非課税世帯なら給与所得控除55万円以内、しかし、年金の額によっては、それでも難しいかもしれません。
私なら、お母様の年金が国民年金しかもらっていないと仮定した場合、世帯は別ですが、生活の世話を見るのなら、あなた様の扶養に入れ扶養控除48万円を選択の中に入れます。
そうすると、今の1割負担のままで済むと考えます。

私は青色申告で、母は国民年金のみが収入で50万円程度です。

説明不足にもかかわらず丁寧な回答ありがとうございました。

本投稿は、2022年01月27日 00時41分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 後期高齢者医療費控除について

    後期高齢者医療費控除について質問です 86歳の父親が医療型施設に入院しています、県から難病指定を受けております 医療費窓口負担は5千円/月ですがその他の費用...
    税理士回答数:  1
    2019年01月12日 投稿
  • 後期高齢者医療保険料と課税所得について

    扶養家族である91歳の母親が手持ち株式を売った場合、利益が150万になります。 母親は高齢で後期高齢者医療保険料が1割負担ですが、今期年金+150万で400万...
    税理士回答数:  2
    2021年02月23日 投稿
  • 後期高齢者の医療制度での確定申告について

    医療費が3割負担の80歳の父の確定申告の医療費関係についてお尋ねします。経理に全く無知でとんちいかんな質問になるかもしれませんがよろしくお願いします。 ①後期...
    税理士回答数:  1
    2015年07月04日 投稿
  • 後期高齢者医療納付金の税金控除について

    無収入の母ですが、同居の為、世帯主所得で後期高齢の金額が算出されています。介護保険や後期高齢の支払いは私の社会保険等支払い控除の対象とはならないのでしょうか?
    税理士回答数:  1
    2019年11月01日 投稿
  • 専従者控除を受けている場合の節税効果

    事業規模が10戸以上なので、節税効果を期待して妻を専従者として給与を支払うことにしていますが、会社員なので、妻を扶養から外さざるを得ず、妻の国民健康保険や税金の...
    税理士回答数:  1
    2020年12月30日 投稿

関連キーワード

節税に関する相談一覧

分野

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
83,479
直近30日 相談数
1,001
直近30日 税理士回答数
1,724