税理士ドットコム - [会社設立]一時的に友人の創業する会社の代表取締役になった場合のリスクについて - 貴方が融資の保証人となった場合は保証人として債...
  1. 税理士ドットコム
  2. 会社設立
  3. 一時的に友人の創業する会社の代表取締役になった場合のリスクについて

一時的に友人の創業する会社の代表取締役になった場合のリスクについて

お世話になります。

友人と一緒に制作会社を立ち上げる予定でおります。
当初は友人が代表取締役になり私はサポートに徹する予定でおりましたが、融資を受ける際に友人が過去に金融事故を起こしていたことが明らかになりました。

顧問税理士の方からは、私が一時的に代表取締役となって融資を受けることを提案されているようですが、今後考えうるデメリットがあればお教えいただけますでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

税理士の回答

貴方が融資の保証人となった場合は保証人として債務返済に責任を負います。他の法的リスクについては弁護士サイトで質問されたら如何でしょうか。

本投稿は、2020年01月21日 13時52分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

会社設立に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
44,428
直近30日 相談数
1,862
直近30日 税理士回答数
3,456