税理士ドットコム - [会社設立]個人事業開業届を提出後にかかる税金 - 事業所得金額(収入金額-経費、青色の場合は特別控...
  1. 税理士ドットコム
  2. 会社設立
  3. 個人事業開業届を提出後にかかる税金

個人事業開業届を提出後にかかる税金

個人事業開業届を税務署に提出したら、市役所のほうにも開業届を出すと聞きました。(正しいでしょうか)

個人事業開業届を提出することにより、市役所のほうに支払う税金はありますか?

年金受給者、太陽光の年間所得約100万円です。

所得税、住民税、固定資産税、国民健康保険料以外にかかる税金はありますでしょうか。

税理士の回答

事業所得金額(収入金額-経費、青色の場合は特別控除額65万円をさらに控除した金額)が48万円を超えれば、所得税のほか、市区町村には住民税の納付が出ます。所得税、住民税、固定資産税、国民健康保険以外には事業税がありますが、所得金額が290万円を超える場合になると思います。

ありがとうございます。
所得金額が290万円を超える場合というのは、年金も入れた額になりますでしょうか。

事業税については、事業所得だけが290万円を超える場合になります。

本投稿は、2020年04月04日 15時48分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

会社設立に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
44,844
直近30日 相談数
1,849
直近30日 税理士回答数
3,714