税理士ドットコム - [青色申告]青色専従者のパート勤務の申告・節税について - こんにちは。税理士の人見と申します。①確定申告に...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 青色申告
  4. 青色専従者のパート勤務の申告・節税について

青色専従者のパート勤務の申告・節税について

夫が青色申告で個人事業主です。
現在、専従者給与をもらっていますが、不景気のためパートに出ようと考えています。

青色専従者給与で認められる要件は満たす範囲でのパートをすることは大丈夫との回答を得ております。

この度、パートに出るにあたり専従者給与とパート代の合算金額でどのように節税をすれば良いのか悩んでおります。

専従者給与は7万以内、パート代と合わせて年間150万以内にしようと思っています。
現在、専従者給与で1月に年末調整をしていますが、パートに出ることになれば、どのようにすれば良いのでしょうか。
別に確定申告をするのでしょうか。

妻に対しての住民税、所得税と、夫にかかる住民税、所得税、国民健康保険などを現在と同じくらいに抑えたいです。
よろしくお願いいたします。

税理士の回答

こんにちは。税理士の人見と申します。

①確定申告について
奥様が専従者給与をもらいつつ、パートの給与ももらう場合は、2か所給与となります。専従者給与の他に従たる給与(パートの給与)が年間20万円を超える場合は確定申告が必要となります。ただし、従たる給与が20万円以下であっても還付が発生する可能性が高いので確定申告されることをお勧めいたします。

②節税について
文書を読む限りの簡易的な回答となりますが、ご了承ください。
境界線の一つになりますが、奥様の年間収入の金額が103万円超150万円以下であれば、配偶者特別控除により38万円の控除を旦那様が受けることが可能ですので、おっしゃる通り年間150万円以下で働かれるのも一つと考えます。専従者は専ら従事する期間が年間6か月を超えるかが判断基準となりますので、そちらも考慮しつつパートの収入も考えてみてはいかがでしょうか。

少しでもお役に立てれば幸いです。

人見さま
ご回答ありがとうございます。
再度、質問させていただきたいです。

①確定申告について
夫の個人事業主の確定申告とは別に、妻(私個人)のパート先収入のみの確定申告をする、ということになるということですね。

専従者給与+パート給与で150万円以内であれば、38万円の配偶者特別控除を受けられるとのことですが、夫の個人事業主の確定申告で申告することは出来ないのでしょうか。

専従者給与の年末調整は毎年1月末までにしているのですが、これは全く関係ないのでしょうか。

②節税について
専従者の従事期間は満たしながら、パートしようと思います。
150万円を超えるようであれば、専従者を外れた方が節税になりますか?

ご質問ありがとうございます。
①について
おっしゃる通り奥様の確定申告をすることになります。
配偶者特別控除は奥様の確定申告ではなく、旦那様の確定申告で控除可能なものになります。よって奥様の専従者給与の年末調整にも関係ありません。

②について
専従者を外れた方が良いかどうかは、実際に旦那様の事業収入等や奥様が150万円を超えてどれくらい働かれるかなどその他諸条件を確認しないと節税できるかどうかについては、お答えするのは難しいところです。
以下、国税庁のホームページに配偶者特別控除の詳細が記載されておりますのでご参考にしてみてください。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1195.htm
3.配偶者特別控除の控除額の「配偶者の合計所得金額」に65万円をプラスした金額が奥様の年間収入とお考えいただけると表が見やすいかと思います。

人見さま
分かりやすいご回答ありがとうございます。
節税に関してはよく検討したいと思います。

手順としては

①1月末までの提出書類 :
・妻の年末調整
・給与支払報告書
・法定調書

②3月15日までの提出書類
・夫の個人事業主の確定申告書
・妻の確定申告書(パート収入のみのもの)

これで大丈夫でしょうか。
何度も申し訳ありません。
よろしくお願いします。

ご質問ありがとうございます。

以下まとめましたのでご確認ください。

①1月末までの提出書類について
給与支払報告書(所轄市区町村に提出)
給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表(所轄税務署に提出)
償却資産申告書(所轄市区町村に提出)

②3月15日までの提出書類について
旦那様の確定申告書(所轄税務署に提出)
※奥様の確定申告書については、平成30年は専従者給与のみで、年末調整されているようですので申告する必要はありません。専従者の他にパート収入により2か所給与になった年から確定申告書を提出されることをお勧めいたします。

③追加項目について
「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」をすでに税務署へ提出しているかと思いますが、年末調整後に、奥様の専従者給与分の源泉所得税の納付書を1月21日までに所轄税務署へ提出することになります。こちらは従業員が奥様以外おらず源泉所得税が0円の場合でも提出することになりますのでご注意ください。

以上よろしくお願いいたします。

人見さま

大変分かりやすくら丁寧なご回答ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。
また質問することもあるかと思いますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

本投稿は、2019年01月10日 00時43分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

青色申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,267
直近30日 相談数
1,198
直近30日 税理士回答数
2,096