税理士ドットコム - [配偶者控除]会社役員と個人事業主での開業 - 役員報酬は給与所得です。給与所得は、給与収入―給...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 会社役員と個人事業主での開業

会社役員と個人事業主での開業

当方、主人が経営する法人の会社で役員として在籍しております。
(主人の扶養に入っているので現在月に10万ほどのお給料です)
このたび、自分でも個人事業主として開業したいのですが、役員としての給与を例えば月8万として、もう一つの個人事業の方を月1.2万程度の収入として合計で月に9万から10万ほどの収入などという働き方で、今まで通り扶養内でいることは可能なのでしょうか。
ダブルワークにした場合、デメリットはありますか?

税理士の回答

役員報酬は給与所得です。
給与所得は、給与収入―給与所得控除額(最低65万円)が、所得になります。
事業所得は、事業収入―必要経費が、所得になります。
給与所得と事業所得の合計額が38万円を超える場合、確定申告が必要経費になります。
役員報酬を調整して、扶養の範囲内にすることは、問題ないと考えます。
又、ダブルワークは、特に、デメリットはないと考えます。

回答ありがとうございます。
ということは、例えば、
役員としての収入が、年に72万だとしたら72-65=7万、
個人事業主の収入が、年に36万だとして経費が12万だったら引いて24万、
7万➕24万=31万なので今まで通り所得税は負担せずにいられる。合計が38万までは扶養内で居られる。と考えて間違えないでしょうか?

その様に計算します。給与所得と事業所得の合計額が38万円以下は、確定申告不要で、扶養の範囲内です。

本投稿は、2018年10月02日 20時58分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,642
直近30日 相談数
1,212
直近30日 税理士回答数
2,476