税理士ドットコム - [配偶者控除]事業所得と給与収入がある場合の扶養に入れる収入限度額 - 社会保険の扶養は、所得ではなく年収が130万円未満...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 事業所得と給与収入がある場合の扶養に入れる収入限度額

事業所得と給与収入がある場合の扶養に入れる収入限度額

社会保険を主人(会社員)の扶養に入るには、配偶者の所得は130万円が限度額かと思いますが、配偶者に事業所得と給与収入がある場合、どのように「130万円」を考えればよいか教えてください。
例えば、以下のような状況のときは大丈夫でしょうか。また、以下のような状況をどちらかが超えてしまったとき(事業所得+給与収入>130万円)
社会保険の扶養には入れないでしょうか。

事業所得40万円(売上-経費-青色申告控除)
給与収入90万円

よろしくお願いいたします。

税理士の回答

社会保険の扶養は、所得ではなく年収が130万円未満です。
①給与所得は、給与収入で、
②事業所得は、事業収入―必要経費=事業収入修正額(青色申告特別控除は引きません。交際費等の経費も引けません。)

①+②=130万円未満は、不要です。

ご回答ありがとうございます。青色申告特別控除は引けないのですね。わかりました。ありがとうございました。

本投稿は、2018年10月05日 13時43分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,737
直近30日 相談数
1,201
直近30日 税理士回答数
2,420