税理士ドットコム - 給与所得、一時所得で発生する確定申告について - 給与が50万-550,000円=0円一時所得が、500,000円...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 給与所得、一時所得で発生する確定申告について

給与所得、一時所得で発生する確定申告について

学生です。親の扶養にはいっています。今年の給与所得は推定ですが、50万ほどです。そして、一時所得が公営競技をしたため、特別控除を引かなければ、50万を超えているかいないかぐらいでした。扶養に入っているため、合計所得額が48万円を超えていなければ確定申告はしなくていいと調べた結果出たのですが、自分の合計所得額は超えてはいないと思います。この場合一時所得が50万を超えていても、確定申告はしなくていいのでしょうか?
あやふやだったので皆様に相談させていただきます。

税理士の回答

給与が50万-550,000円=0円
一時所得が、500,000円引いて、残りが少し。
基礎控除の480,000円の下ですので・・・しないでよい。

もし一時所得が一万円を超えていた場合でも基礎控除48万円を超えなければしなくて良いのですか?

もし一時所得が一万円を超えていた場合でも基礎控除48万円を超えなければしなくて良いのですか?
しないでよい。

ありがとうございました。
不透明な税制度がよくわからなかったのでやっと安心できました。心から感謝します。

本投稿は、2022年09月22日 16時52分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

確定申告に関する相談一覧

分野

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
89,323
直近30日 相談数
1,424
直近30日 税理士回答数
2,607