税理士ドットコム - [贈与税]学費としてもらったのに贈与になるのでしょうか。 - 学費のためであっても一度に数年分をまとめてあげ...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 学費としてもらったのに贈与になるのでしょうか。

贈与税

 投稿

学費としてもらったのに贈与になるのでしょうか。

学費としてもらったのに贈与になるのでしょうか。
わたし(50)の叔母(88)には子供がいません。叔母とは生計を共にしており、同居です。私には2人の子供がおります。来年4月に長男が大学に進学する予定です。 これから学費がたくさんかかると叔母が子供の口座に200万ずつ学費として振り込んでくれました。その話を夫にしたらもし叔母さんになにかあったら贈与となるからよくないといわれました。学費としてあげたから問題はないと叔母が自分の口座から現金でおろして振り込んでくれました。 この口座を大学引き落とし口座とし、入学金や授業料をだしていくつもりではあるのですが。おそらく2,3年で使い切ってしまうとは思いますが、それまでに叔母にもしものことがれば、これは贈与税の対象でしょうか。いまのうちに息子が「四年以内に学費として使います」とかいて残しておいた方がいいでしょうか。

税理士の回答

学費のためであっても一度に数年分をまとめてあげた場合には、贈与税がかかりますのでご留意ください。
贈与税がかからない学費(教育費)は、「必要な時」に「必要な金額」を贈与した場合です。
ご相談のケースでは、2,3年で使い切る金額とのことですので、上記の「必要な時」に「必要な金額」の贈与に該当せず、非課税の扱いにはならないと考えます。

また、贈与税は「叔母さんに何かあった時」にかかるのではなく、「贈与された年」にかかりますのでご注意ください。

以上、宜しくお願いします。

本投稿は、2017年10月12日 13時59分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
12,712
直近30日 相談数
644
直近30日 税理士回答数
1,315

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

税理士ドットコム ハウツー

  • 新着記事
  • ランキング