結婚式の費用にかかる贈与税について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 結婚式の費用にかかる贈与税について

結婚式の費用にかかる贈与税について

結婚式の費用にかかる贈与税についてです。
結婚式の費用に総額約470万、
予約金として自分たちで20万支払いました。

残りの約450万程を義両親に立て替えて振込してもらいました。
この費用は義両親の口座から結婚式場に振込しています。

結婚式当日に頂いたご祝儀、約250万はそのまま義両親に返しました。

この場合贈与税はどうなりますか?

税理士の回答

結婚式は新郎新婦お二人だけの問題ではなく、家と家の大切なイベントであるとも言えます。ご両親の知人や親族も招待することもあるでしょうし、地域の習慣等によっては様々なケースも考えられます。
そのような事情も配慮して、結婚式の費用を親が負担した場合であっても、それが社会通念上相当の金額であれば、贈与税は課税していないのが実態と考えます。

ご相談のケースでは、ご祝儀を義理のご両親に渡されたということですから、結果的には両家でおおよそ半々の負担になると思われますので、恐らく贈与税に関しては問題視されないものと思われます。

本投稿は、2019年02月05日 19時41分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

贈与税に関する相談一覧

分野

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
85,400
直近30日 相談数
1,323
直近30日 税理士回答数
2,264