税理士ドットコム - [贈与税]生前に父が所有する土地の名義変更をする際にかかる税金について - 1)贈与ですから、贈与を受ける側であるお姉様に贈...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 生前に父が所有する土地の名義変更をする際にかかる税金について

生前に父が所有する土地の名義変更をする際にかかる税金について

父が所有する土地の名義を姉に変更をしたいと考えています。
1)生前贈与の場合、父側にかかる税金、姉側にかかる税金は、どのように計算したらいいでしょうか?
2)姉が父の土地を購入する場合、父側にかかる税金、姉側にかかる税金は、どのように計算したらいいでしょうか?
3)遺言状に従い姉が土地を相続する場合、父側にかかる税金は無いとおもいますが、姉側にかかる税金は、どのように計算したらいいでしょうか?

税理士の回答

1)贈与ですから、贈与を受ける側であるお姉様に贈与税がかかるほか、名義変更登記の際に登録免許税、不動産を取得したことに対して地方税である不動産取得税がかかります。
贈与税は土地の評価額により税率、控除額が異なります。
登録免許税は固定資産税評価額の2%、不動産取得税は固定資産税評価額の1.5%です。
なお土地の評価額は路線価(または倍率)に基づき評価した額です。(一般的には土地の形状などにより税理士が評価します。)
なお、もしもお父様の相続時に相続税がかかりそうもなければ、相続時精算課税制度を活用した贈与が有効です。

2)譲渡益が出る場合はお父様には(譲渡)所得税がかかります。
お姉様には、不動産取得税がかかり、名義変更の際に登録免許税がかかります。
なお、親子での譲渡価格の設定には低額譲渡に注意する必要があります。

3)相続時にお父様に相続税がかかる相続財産がある場合は、お姉様には相続税がかかります。相続税がかかるのは全相続財産額が基礎控除額(3000万円+(600万円×法定相続人数))を超える場合です。
また名義変更の際には登録免許税がかかります。

1)2)3)どの場合が有利かについては、有料で土地の評価を含めたシミュレーション業務を税理士が行っていますので活用をおすすめします。

本投稿は、2019年09月11日 18時22分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
31,171
直近30日 相談数
1,168
直近30日 税理士回答数
1,967