お墓の相続ってどうなるの?お墓に関する相続のまとめ - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続財産
  4. 相続財産のハウツー
  5. お墓の相続ってどうなるの?お墓に関する相続のまとめ

お墓の相続ってどうなるの?お墓に関する相続のまとめ

相続をするものの中に「お墓・墓地」があったら、相続財産として相続税はかかるのか、だれが継承するのか、今後の管理費とかはどうすればよいのか等、どう相続したらいいのか、分からないことだらけで困ったことがあるという声をお聞きします。そこで、いざ相続をするときに役に立つよう、お墓の相続についてご説明をしていきます。

目次

お墓の相続ってどうなるの?

相続で悩むものはたくさんあるかと思いますが、特にお墓に関しては、悩む方が多いのではないでしょうか。

お墓は祭祀財産と呼ばれ、相続税の対象にならないとされています。不動産としてではなく、あくまでお墓の区画の使用権を購入したという形になるので、不動産所得税や固定資産税もかかりません。

祭祀財産(さいしざいさん)とは…祖先を祀るために使用される財産を意味します。家系図・位牌・仏壇・墓碑・墓地などを指し、一般の相続財産と切り離されるので共同相続の対象とはされません。

このことからわかるように、お墓は相続財産ではないので、相続放棄をしていても継承することができます。

継承する人は誰?

お墓を引き継ぐことを「継承」といい、引き継ぐ人のことを「継承者」といいます。継承者は祭祀財産を管理する「祭祀主宰者」となります。そして、祭祀財産は分割して相続できないため、継承者は1人に限定されます。

継承者の選任は民法で定められていて、遺言書の内容に沿って継承者が決められます。遺言書がなく、被相続人から生前に口頭で指定されていた人がいればその人がなります。また、継承者が決められていなかった場合はその地域やその家に伝わる習慣に従います。

もし、そういった習慣などがなければ、相続人同士が家庭裁判所の調停や審判によって決めることになります。

通常では3親等以内の親族が認められるケースが多いようですが、家庭裁判所やお墓がある墓地や霊園から継承者として適性ではない。と審査されれば、継承できないこともあるので注意が必要です。

継承者がいない場合

お墓を継承する人が誰もいない場合はどうなるのかというと、法律上で「無縁墓(むえんぼ)」という、「葬られた死者を弔うべき縁故者がいなくなった墳墓」とされ、撤去されます。撤去に至るまでの流れは以下の通りです。

  1. 管理費が未納になり数年が経過
  2. 利害関係者に対してお墓を撤去する旨を1年間公告(官庁や公共団体が広告・掲示などで一般公衆に告知する)
  3. 申出がない場合に、お墓を撤去
  4. お墓が管理者に返還される(土地は更地に戻すのが一般的)

また、生前に継承者がいないことがわかったときは、永代供養墓にしたり墓じまいをする方法もあります。永代供養墓とは、「継承者の代わりに墓地の管理者が永年にわたって遺骨を管理・供養する」というものです。墓じまいは、「遺骨を取り出し更地に戻すこと」をいいます。

継承者になったときにやること

祭祀主宰者としてお墓の管理が必要になりますが、具体的にどのようなことをすれば良いか以下を御覧ください。

継承の手続き

一般的に霊園・墓地が生前継承を禁じている場合が多く、被相続人が亡くなったあとにお墓がある墓地や霊園などに連絡をし、「名義変更手続き」を行います。

手続きには「墓地使用許可証・継承者の住民票・被相続人と継承者の続柄がわかる戸籍謄本(妙本)・印鑑登録書」などが必要となりますが、継承者によって必要書類が異なる可能性がありますので事前に確認することをおすすめいたします。

また、例外として生前に管理することが困難な状況になってしまった場合などには、認められることもあるようです。

名義変更に必要な費用

公営墓地の場合数百円~3,000円、民営墓地の場合5,000円~10,000円程度とされていて、これと別にお布施を包むこともあります。

お墓のお手入れ(管理と維持)

墓地や霊園に管理料を納めることになりますが、これは通路などの共有部分を維持管理するためのものなので、お墓の掃除などは自分たちで行うことになります。

放っておくと汚れやカビなどが付着したり、墓石にヒビがはいったりするので、お墓参りの際に定期的に掃除をするか、難しければ、お墓清掃の業者に代行を依頼することもできます。

また、墓地の種類によって管理費や年会費などが違いますが、5,000円~14,000円が多いようです。

供養等を執り行う

祭祀主宰者としてお墓の供養等を執り行うことになり、この際の費用は継承人の負担になります。

ただし、必ず行わなければならないと決まりはなく、また「祭祀財産を処分する権利」も有しているので、永代供養墓にしたり墓じまいをするという選択もできます。地域によって習慣なども異なるので霊園や墓地に相談してみるのも良いでしょう。

お墓・遺骨に関する決定権を保有することになりますが、これは「分骨したい・改葬したい・そのお墓に入りたい」などの申出があった際に、決定ができる権利のことです。

おわりに

お墓だけではなく、仏壇・墓石・位牌などの祭祀財産も相続税の対象になりません。価値があるもの(金など)で作っても同様なので、生前のうちにその資産からお墓を購入すれば、節税に繋がるということにもなります。相続税が多くなりそうであれば、相続税対策として事前にお墓を購入することも視野に入れても良いかもしれません。

税理士をお求めの方は税理士紹介サービスをご利用ください。

相続財産に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

相続財産に関する税務相談Q&Aをみる

  • 相続税、贈与税について

    一人暮らしだった父が亡くなった為、兄と預貯金、マンションを相続する事になりました。 マンションは1200万で売却予定で、預貯金が約200万程です。 四十九日も終...
    税理士回答数:  3
    2018年11月11日 投稿
  • 土地売買に関して

    借地に父名義の家に住んでいます。 建て替えを検討中で、現在の借地を購入しようかと考えています。 土地名義の方と遠い親戚にあたる代理の方に購入の相談をしたところ...
    税理士回答数:  1
    2018年11月08日 投稿
  • 相続時に代表者の口座にまとめて受取後、他の相続人に分配することの是非について

    私の父が、姉から相続を受けることになりました。 相続人は父を入れて存命の兄弟姉妹3人、遺産は銀行の預金のみです。金額的に相続税の支払いは発生しないため、遺産分割...
    税理士回答数:  1
    2018年11月08日 投稿
  • 奥行距離の求め方

    不整形地の奥行距離の求め方を国税庁HPで調べると、「奥行距離が一様でないものは平均的な奥行距離によります。具体的には、不整形地にかかる想定整形地の奥行距離を限度...
    税理士回答数:  1
    2018年11月06日 投稿
  • 無道路地の評価について

    被相続人甲の所有する土地で無道路地に該当するかを教えて下さい。 土地Aは登記上公衆道路となっており、実際も土地Bに続く道路です。土地Bも甲の所有土地でそこにはア...
    税理士回答数:  1
    2018年11月06日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応