[事業承継]事業継承について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 事業承継
  4. 事業継承について

事業継承について

このたび法人を解散します。しかし、在籍している従業員が当社の事業を継続することになりました。その従業員は新たに法人の設立登記を済ませて事務所をかまえたのですが、法人名が解散する法人と同じ名称です。また、他のスタッフも引き続き新法人に雇用されます。法人名も一緒、スタッフも一緒、事業内容も一緒、違うのは事務所住所と役員くらいです。この場合、新法人は新法人として認められるのでしょうか?
消費税の納税義務なども関わってくると思われますので、どうか教えて下さい。

税理士の回答

税理士ドットコム退会済み税理士

特に支障は無いものかと存じます。

退職債務の負担等も無く、解散出来れば御の字ですね。従業員の雇用も確保され、新設会社においても、これまでの簿外債務等の潜在リスクも切り離せますし、解散する側にとっても、受ける側にとっても合理的な選択かと存じます。

本投稿は、2018年06月27日 19時21分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 法人解散・清算後の個人成りでの継続事業からの売掛金の扱い

    確定申告における開始残高での扱いに困っております。 一昨年12月末時点まで法人を経営しており解散(平成26年)し、 昨年1月1日から個人事業主に事業を引...
    税理士回答数:  2
    2016年03月05日 投稿
  • 新事業承継税制について

    事業承継税制(贈与)の特例措置の適用を受けるために調べております。 原則制度では、後継者が現経営者から贈与を受けなければならない株数は、その態様によって、全部...
    税理士回答数:  3
    2018年06月06日 投稿
  • 新創業融資制度の「新たに事業を始めるの定義」

    税理士の方にする質問ではなかったら、すみません。 新創業融資制度についてですが、例えば一年目に輸入品販売の事業をしていて、二年目から自社製品を作った場合、三年...
    税理士回答数:  2
    2017年02月05日 投稿
  • 法人設立後の個人事業の継続について

    現在、個人事業(雇用なし)をしております。 主な事業は、経営コンサルティング、採用支援、人材育成です。 今後、人材紹介事業をしていこうと思い、法人を設立する...
    税理士回答数:  1
    2018年01月29日 投稿
  • 事業承継について

    代表取締役社長から平取締役(会長)に移行し、退職金を受け取りたい場合の条件等についてのお尋ねです。 ①会長になる場合、現在報酬の何%以上減額等の制限はあり...
    税理士回答数:  1
    2017年12月13日 投稿

関連キーワード

事業承継に関する相談一覧

分野

事業承継に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
52,541
直近30日 相談数
1,505
直近30日 税理士回答数
2,609