相続税 預金残高証明書 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続税 預金残高証明書

相続税

 投稿

相続税 預金残高証明書

経過利息計算書は添付しなければいけないのでしょうか?今は定期でも利率0,01%なので少々です。銀行の手数料が2160円かかります。利息より多いです。

税理士の回答

預金残高証明書を相続税申告書に添付しないで提出しても、申告は有効です。
ただし、預金残高証明書を取得しないで、相続開始時の定期預金の利息を含めた残高(=評価額)がお分かりになりますか。
預金残高証明書は文字どおり金融機関が預金残高を証明してくれるわけですから、私が相続税申告書を作成する場合は必ず添付するようにしています。

早速のご回答ありがとうございます。私の説明不足でした。銀行に預金残高証明を頼んだら、手数料756円で、定期預金は、元金の記載だけです、経過利息計算書は追加料金2160円かかります。と言われました。いまどき、利息は微々たる額ですから、そんな経過利息計算書はいらないと思うんですが?

金融機関によって、料金が異なるのですね。私はクライアントに残高証明書を取得していただく時は必ず、定期預金については摘要欄等に経過利息も記載するようお願いしてもらっています。
税理士として正確な申告書を作成するためには、第三者からの証明書の取得は必要なことです。依頼されている税理士がいらっしゃるのであれば、ご相談してください。

本投稿は、2019年02月15日 14時49分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

相続税のハウツー記事一覧

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
23,761
直近30日 相談数
1,520
直近30日 税理士回答数
2,278