税理士ドットコム - [計上]不動産所得から事業用の支払にまわすときの仕分けを教えてください。 - 貸借対照表は、事業と不動産、合わせて1つの作成...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 不動産所得から事業用の支払にまわすときの仕分けを教えてください。

不動産所得から事業用の支払にまわすときの仕分けを教えてください。

個人事業主です。一部分の土地を貸して、代金をいただいているのですが、それで事業している訳ではありません。その土地代から事業用の支払にまわすときの仕分けは事業主借に仕分けされますか?

税理士の回答

貸借対照表は、事業と不動産、合わせて1つの作成でしょうか。

2以上の所得があっても、貸借対照表は合わせて一つの作成が原則で、作成してみるとわかりますが、それぞれの貸借対照表を作成する方が、相談のような場合、大変です。
(不動産所得の現金又は預金を、事業所得の現金又は預金に振り替える処理が必要になるなど煩雑になります。)

貸借対照表が1つならば、現金又は預金を不動産用、事業所得用など分けませんから、事業所得の経費を現金を払えば
(借方)事業所得の経費//現金 XXX の処理だけです。

2以上の所得がある場合でも、貸借対照表は1つが原則で、2つの貸借対照表は、それも認めている、という取扱いです。

貸借対照表はひとつなので、ご回答いただいた内容で仕分けいたします。ありがとうございました。

本投稿は、2021年06月16日 09時09分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

計上に関する相談一覧

分野

計上に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
67,842
直近30日 相談数
1,302
直近30日 税理士回答数
2,424