税理士ドットコム - [所得税]社長個人所有の車両売却の際の譲渡所得について - 社長の車は、購入後法人へリースしていたとの事で...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 所得税
  4. 社長個人所有の車両売却の際の譲渡所得について

所得税

 投稿

社長個人所有の車両売却の際の譲渡所得について

社長個人保有の車両を法人に売却します。その際の社長個人の譲渡所得についてお伺いできればと思います。車両の法人への売却価格は、650万円で中古車市場での現在の時価相当額です。社長の車両購入価格は約600万円で保有期間は約3年で、新車登録から4年超の中古車です。売却前までは、社長個人名義のまま、法人にリースしておりました。(その際、減価償却費を上回らないリース料を設定しております。)
譲渡所得の金額=譲渡価額-(取得費+譲渡費用)-50万円
上記の計算ですと(取得+譲渡費用)は、650万円となるか思いますが、個人所有においても取得簿価については減価償却されるでしょうか。簿価によっては譲渡所得が発生する可能性があるため、ご教示願えますと幸いです。

税理士の回答

社長の車は、購入後法人へリースしていたとの事ですので、取得価額から減価償却費を差し引いた金額が、譲渡所得の取得費になります。

山中先生、ご教示ありがとうございます。法人へリースをじていると取得価額から減価償却費を差し引く必要があるのですね。

その様に判断されて良いと考えます。

本投稿は、2019年01月11日 17時48分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
20,814
直近30日 相談数
1,156
直近30日 税理士回答数
1,954