税理士ドットコム - [所得税]台湾に居住、転出済、台湾で所得・納税、在宅バイトにて日本からの所得あり - はじめまして、税理士の島田です。質問者様は日本...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 所得税
  4. 台湾に居住、転出済、台湾で所得・納税、在宅バイトにて日本からの所得あり

台湾に居住、転出済、台湾で所得・納税、在宅バイトにて日本からの所得あり

はじめまして。
タイトルの通りの状況です。
知りたいのは、日本側に所得税申告をしなければならないかということです。
日本側の所得は現状年に3万円程度ですが、これからどんどん増える予定です。
おもに翻訳をして得た所得です。日本の発給側は現状は源泉もとっていません。ですが今後はわかりません。
20万以下は申告不要という情報を信じて今まではなにもやっておりません。
台湾国籍はとっていないので日本人のままです。永久居留証をもっています。
どうぞお教え願います。

税理士の回答

はじめまして、税理士の島田です。

質問者様は日本の非居住者であり、個人として報酬を得ている、作業は全て台湾で行っている、日本に恒久的施設はなし(簡単に申し上げると日本に事業所・支店など持っていない。厳密には細かすぎますのでここでは省略致します)ということを前提にします。

その場合、日本での確定申告は不要です。
また、もし台湾での申告の際に翻訳報酬が課税所得となっている場合、日本で源泉された分は外国税額控除(台湾で支払う所得税から控除)できる可能性もありますので現地の専門家にご相談下さい。

後は質問者様も気にしていらっしゃるように源泉の問題です。
翻訳の対象物が著作物かどうか、翻訳が買い取り契約になっているかにより取扱いが異なるため、支払い側が状況に応じて源泉をしたりしなかったり、ということは考えられます。

なお、20万円という基準は、簡単に申し上げますと日本居住のサラリーマンや年金所得者等の副業収入について一定の場合は確定申告しなくても良い、というものですので、上記の前提では質問者様には関係のない規定です。

以上、少しでもお役に立てれば幸いです。
宜しくお願いします。

この度は回答をありがとうございます。
このようなサイトでまともに真摯に回答してくださる方はいませんでしたので本当にうれしく助かりました。
今後税務関係で悩んだ際はぜひ相談させてください。

本当にありがとうございました。

お役に立てて光栄です。
台湾居住とのことですので、日本国内の税法と台湾国内の税法、さらに日本・台湾租税条約(現時点ではまだ発効されていないため効力はありませんが)を確認する必要があり、複雑になる可能性がありますが、台湾現地の専門家にも適宜相談頂きながら解決して頂ければと思います。

本投稿は、2016年06月06日 12時15分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

所得税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,354
直近30日 相談数
980
直近30日 税理士回答数
1,855