[所得税]専従者給与と配偶者控除について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 所得税
  4. 専従者給与と配偶者控除について

専従者給与と配偶者控除について

4月より個人事業を始めました。現在独身で両親と同居しています。母親に専従者給与を毎月8万円を支払った場合、母は父の扶養になることはできますか。これまで母は収入が無かったため、父は配偶者控除を受けていました。

税理士の回答

こんにちは、
残念ながら事業専従者になった場合には、事業者本人だけでなく、他の人の扶養控除にも入ることはできません。専従者になり専従者給与を計上した場合には、お父様の所得税においてもお母様は配偶者控除できません。
取り急ぎ回答とさせていただきます。

久川先生ありがとうございます。他の似たような質問も見て思ったのですが、まず私は両親と同居していますが、家計は別にしております。家賃として3万円親に渡しています。同居はしているものの、家計が別であれば専従者給与ではなく通常の給与でしょうか。塗装業を行うため職人は二人雇います。父親まだ仕事をしていることもあり、母親を扶養に入れたいため、給与は月に8万円以下にして欲しいと言われています。簡単な事務作業なので、8万円程度の仕事にしかなりませんが、私の個人事業の経費で父親の扶養になるには生計が別であるということを証明できれば良いのでしょうか。

久川先生ありがとうございます。他の似たような質問も見て思ったのですが、まず私は両親と同居していますが、家計は別にしております。家賃として3万円親に渡しています。同居はしているものの、家計が別であれば専従者給与ではなく通常の給与でしょうか。塗装業を行うため職人は二人雇います。父親まだ仕事をしていることもあり、母親を扶養に入れたいため、給与は月に8万円以下にして欲しいと言われています。簡単な事務作業なので、8万円程度の仕事にしかなりませんが、私の個人事業の経費で父親の扶養になるには生計が別であるということを証明できれば良いのでしょうか。

こんにちは、
家族間で家賃を渡している、ということは、別に賃貸部分が明確になっているのでもなく、生活費の一部を負担していると見られるかもしれません。また、水道光熱費なども含めで、独立して生計が別、ということは、普通に考えて容易ではないと思います。
一般的なパートなどの給料であれば、月額8万円ならば、年間103万円以下になるのでOKなのですが、専従者給与は違うのです。それ以下でも、扶養控除はできません。扶養控除か、専従者給与かを選択する形になります。
疑義はでることを覚悟の上であれば、ダメ元で、生計を別にしている、という整理で、専従者給与ではなく、一般給与で払うということもないわけでもありませんが、青色決算書などで支払給与の内訳は記載することになりますので、生計を一つにしているのに、専従者給与にせずに給与を払っている、と否認される可能性はあります。
なさりたいことはわかるのですが、税務署の事実認定と判断がはいってきますので、残念ながら安全でおすすめできる方法をお示しすることは難しいですね。
取り急ぎ回答とさせていただきます。

久川先生何度もありがとうございます。最後の質問をさせて下さい。私自身が別居していれば一般の給与という扱いでしょうか。また、同居であれば年間50万円以下の給与支給であれば問題ないのでしょうか。

こんにちは、
別居であれば、専従者給与にする必要ありません。
受け取るお母様も、単なるアルバイト給与収入でよいことになりますね。
お父様の扶養に入ることもその場合は問題ありません。
取り急ぎ回答とさせていただきます。

本投稿は、2017年05月01日 21時16分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

所得税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,985
直近30日 相談数
1,136
直近30日 税理士回答数
2,227