税理士ドットコム - [固定資産税]実家の土地の売買価格について - 流通コストをかけるのが勿体無いのかと存じます。...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 固定資産税
  4. 実家の土地の売買価格について

実家の土地の売買価格について

近県に実家があり、両親他界後空家になっております。土地の固定資産税評価額は約5百万円(建物は古く、評価額は微々たるものです)ですが、①近隣にも空家が多く②建築基準法の接道義務を果たしておらず、建替えには、セットバックと地権者10数名の承諾書が必要なため、買い手が存在しません。親戚の者に無償譲渡を持ちかけても首を立てに振りません。
建物の老朽化に伴う解体費負担(約2百万円)とその後の土地の固定資産税の節税を目的に、同族の不動産賃貸の会社に売却、その売買価格は上記の状況に鑑み20~30万円程度に設定したいと考えております。
税務上の問題点と代替案があればご教授を賜りたくお願い申し上げます。

税理士の回答

税理士ドットコム退会済み税理士

流通コストをかけるのが勿体無いのかと存じます。
後、時価、となるでしょうか。

固定資産税評価額を割り戻して時価とするのも一つ。ただ、今回は異なる時価を利用する。その税務上のリスクが一つ。

同族に売却し、解体費用、その後の固定資産税等を同族の利益と相殺することを目的。

そもそも法人は損をするのが目に見える取引はだめ。
資産を活用しないのであれば、取得時、及び、その後の費用等も損金に疑義が生じ、役員報酬、或いは貸付金になる恐れもある。

等々、税務上の論点が多数あるため、慎重にご検討ください。

早速のご回答有難うございます。
同族会社では、土地建物合わせて20~30万円で購入後、200万円で建物を解体し、売地又は貸地募集する予定です。土地の原価は220~230万円なので、それを上回る価格での買い手があれば売却益が見込まれ、経済的な合理性ありと考えております。

税理士ドットコム退会済み税理士

私の先の税務上のリスクは一部です。
他の指摘を受けることも想定されますが、それらの税務リスクを含んでの処理であれば宜しいのかと存じます。

思う所を申告するのが申告制度となりますので。

適正な時価でないとリスクがあります。
仮に法人が、安く買ったとすれば、受贈益と個人のみなし譲渡の問題があります。
固定資産税評価額を下回る取引価額に、経済的合理性があるとは思えません。
不動産鑑定士の評価額であれば、リスクは少ないと思います。

ありがとうございました。鑑定士の評価を検討します。

税理士ドットコム退会済み税理士

実務では、ペイするのは鑑定対象が1億、といったものが目安ですね。
鑑定評価したことがあれば分かるので、この事例では現実的な選択肢ではないかもしれませんね。

発言の趣旨が捉えかねますが。

本投稿は、2018年08月03日 15時54分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

固定資産税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,267
直近30日 相談数
1,205
直近30日 税理士回答数
2,108