税理士ドットコム - [税金・お金]自宅の一部を貸し駐車場にする場合、貸し駐車場スペースを雑種地に変更登記する必要があるか - 自宅や店舗の駐車場のように、建物の敷地としての...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 自宅の一部を貸し駐車場にする場合、貸し駐車場スペースを雑種地に変更登記する必要があるか

自宅の一部を貸し駐車場にする場合、貸し駐車場スペースを雑種地に変更登記する必要があるか

自宅の土地(約100坪)に、駐車スペースを5台確保し、2台は自家用及び来客用、残りの3台分を月極駐車場として貸す予定です。

そこで、3台分の貸し駐車場のスペースを雑種地として、変更登記する必要がありますでしょうか?

変更登記が不要な場合、駐車場として使う事を役所や税務署等に、自ら報告する必要があるのでしょうか。

税理士の回答

自宅や店舗の駐車場のように、建物の敷地としての利用が主で、駐車場はその付随的なものに過ぎないと認められる時には、駐車場の部分も含めてその土地全体をひとかたまりとして「宅地」として取り扱います。
変更登記する必要はないと考えます。
又、駐車場収入は、不動産所得となりますので、確定申告することになります。
青色申告をする場合には、青色申告承認申請書を税務署に提出します。

本投稿は、2018年09月03日 23時06分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

税金・お金に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,668
直近30日 相談数
1,216
直近30日 税理士回答数
2,452