[節税]配偶者の働き方について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 配偶者の働き方について

配偶者の働き方について

世帯主年収1500万以上、去年まで103万までで働いていたのですが、今年から配偶者控除の額が変わるので、働き方を変えようかと思っています。
wワークを含めて、社会保険を自分で払う場合と払わない場合と、どう働けば、いくらまでならより節税ができますか?

税理士の回答

平成30年からは、ご主人の所得金額が1000万円を超える場合には、配偶者控除は受けられなくなりました。
ご相談の文面からは配偶者控除が適用できないことが推測されますので、奥様の手取り額を考えて働き方を決めて頂ければ宜しいと思います。
社会保険に関しては勤務する会社規模や勤務条件によっても異なりますが、Wワークなどの場合、年間の収入総額が130万円を超えますとご主人の扶養から外れますのでご留意ください。
この金額を大きく超えて働かれる場合には、収入金額と手取り金額は比例すると思われます。
宜しくお願いします。

本投稿は、2018年02月03日 17時05分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,325
直近30日 相談数
989
直近30日 税理士回答数
1,866