税理士ドットコム - [節税]子会社が中小企業の優遇税制を受けられる基準 - 子会社の資本金が1億円以下で青色申告書を提出し...
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 子会社が中小企業の優遇税制を受けられる基準

子会社が中小企業の優遇税制を受けられる基準

叔父の会社は資本金1億5千万円です。
そして、その会社は親族ではない会社の株の50%を保有しています。
この場合、子会社が中小企業者として認められないので、法人税の軽減税率と交際費の損金算入が認められないと子会社の方から聞きました。
ただ、法人税の欠損金の繰戻還付は、認められるとのことです。
これは本当なのでしょうか。
そして、その違いは何でしょうか

税理士の回答

子会社の資本金が1億円以下で青色申告書を提出していれば、子会社は法人税法上の中小法人等に該当し、租税特別措置法上の中小企業者等に該当しないことになります。
従いまして、法人税の軽減税率、交際費等の損金算入、欠損金の繰戻し還付のいずれも適用されると思います。

本投稿は、2019年02月12日 14時16分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,267
直近30日 相談数
1,205
直近30日 税理士回答数
2,108