税理士ドットコム - [節税]以前の職場(米国大学)が得た特許ロイヤルティの配分を日本在住者が受けとる際の税金 - ロイヤリティ―受領者に該当するかを確認されたら良...
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 以前の職場(米国大学)が得た特許ロイヤルティの配分を日本在住者が受けとる際の税金

以前の職場(米国大学)が得た特許ロイヤルティの配分を日本在住者が受けとる際の税金

現在、日本在住者です。
以前アメリカの大学で働いていた時に発明した特許に関して、大学が企業からロイヤルティを得たため、その配分を小切手として送付すると連絡がありました。
この場合、税金は米国と日本どちらで支払うのでしょうか?
インターネットで見ると米国からロイヤルティを受け取る際はFormW-8BENという書類で米国内の源泉徴収が免除されるとありましたが、本件には当てはまらないでしょうか?
何か節税対策がありましたら教えていただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

税理士の回答

ロイヤリティ―受領者に該当するかを確認されたら良いと考えます。
該当すれば、Form W-8BENを、ロイヤルティー支払い前に提出する必要があります。提出すれば、源泉税は免除されます。

本投稿は、2019年03月24日 14時01分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,642
直近30日 相談数
1,212
直近30日 税理士回答数
2,476