税理士ドットコム - [節税]親族が役員を務める場合の報酬について - お母様のご年齢が65歳以上の場合には公的年金の控...
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 親族が役員を務める場合の報酬について

親族が役員を務める場合の報酬について

母を私の会社の役員にして、仕事を少し手伝ってもらおうと思っています。母の扶養控除が無くならない範囲で報酬を決めたいのですが、その報酬は年103万円以下に抑えれば良いのでしょうか。
母は仕事をしていないので給与等の収入はありませんが、年金を月6万円程度もらっています。年金で年72万円ほどの収入があるので、年金を考慮して報酬を決めるべきでしょうか。
その他、留意すべきことがあれば教えていただけると助かります。

税理士の回答

お母様のご年齢が65歳以上の場合には公的年金の控除額が120万円ありますので、年金の金額が72万円ということであれば年金に関する所得(雑所得)はゼロになります。
従って、役員報酬の金額を年103万円以下に抑えていただければ、お母様を扶養控除の対象とすることが可能になります。

本投稿は、2019年03月26日 15時08分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,642
直近30日 相談数
1,207
直近30日 税理士回答数
2,459