土地・建物購入の際の相続と節税について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 土地・建物購入の際の相続と節税について

土地・建物購入の際の相続と節税について

父親が購入しすでに支払い済みで、今は家庭菜園にしている土地があります。
そこに長男である私家族用の平家を建てて暮らすように勧めてくれています。
予算は800万くらいで。
ただし私には当面工面できる現金もなく、金融機関のローン組みもまだ検討中の段階でできれば高い金利を払うことなく長期間のローン組みは避けたいと考えています。
父親は退職後の資金もあり、資金贈与での支援も厭わないと言ってくれていますが、贈与税などの損失を心配しています。
そこで質問です。税金をうまく逃れながら上記土地を活用する方法はあるのでしょうか?(例えば土地・建物の所有者を父親にして、私が家賃代として父親に返していくなど)
なお、私は現在賃貸アパート在住で、毎月の賃料65000円です。それを払い続けるくらいなら父親が所有する土地・建物に住み、家賃として父親に幾らかのお金を支払う方が身内上ウィンウィンなのでは、というのが父親の意見です。
なるほどと思いながらも、私は税金や贈与の知識に疎いのでここで質問させて頂いた次第です。ご教授よろしくお願いします。

税理士の回答

文面から分かる範囲でお答えいたします。
建物を建てるということでありましたら、住宅取得等資金の贈与の特例があります。
これは、新築の場合、今年3月までに契約を結んだ場合、暦年贈与の枠とは別に2,500万円、4月から来年3月までは同じく1,000万円まで住宅取得のための資金の贈与は贈与税が非課税になるというものです。

ただし、注意がありまして、住宅取得のための資金にしか使えないこと(登記費用には使えない)、支払いの前に贈与を受けないとならない等あります。

詳細は
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4508.htm
をご参考にしてください。

お役に立てたら幸いです。

本投稿は、2020年02月14日 16時48分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

節税に関する相談一覧

分野

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
50,745
直近30日 相談数
1,396
直近30日 税理士回答数
2,480